« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月27日 (日)

沼では

蒸し暑い日が続く。
水辺は少し涼しいかと沼へ行ってみたが、ここも暑い暑い、飲んだ水は直ぐに汗となって出てしまう。沼の竹ざおにはクロハラアジサシやコアジサシなどがとまったり涼しそうに上空を悠々と飛んでいる。この時期毎年訪れるが良いところである。

岸からはかなり遠かったが竹竿にとまるクロハラアジサシ
Img_8012
仕掛けの網の中の魚を狙いホバリングするクロハラアジサシ
Img_7956

此処は魚が多いのかだんだん数が増えるクロハラアジサシ
Img_7962

長い翼で悠々と沼の上空を飛び回るクロハラアジサシ
Img_7990

たまに岸に近いところまで飛んでくるクロハラアジサシ
Img_8007

聞いた話では16年になるというお馴染みのモモイロペリカン
Img_7924

周りの葦原で大きく口を開けて囀っていた コジュリン
Img_8696

頭からスッポリ黒い頭巾を被ったような夏羽のコジュリン
Img_8689

こちらはたくさん居るので鳴き声が騒々しい オオヨシキリ
Img_4075

| | コメント (8)

2010年6月20日 (日)

人工物で

昼間は蒸し暑い日が続く。
チョウゲンボウは河川敷などで比較的多く見られ猛禽類のなかでは一番身近に感じられる。橋や高層ビルなどの人工物を巧く利用して繁殖をしている。餌さはネズミやバッタや小鳥などで孵化する子供は4,5羽と結構多いようだ。今回は人工物で営巣し数週間前に4羽が巣立ちしたチョウゲンボウの親子です。

ネズミを捕まえて運ぶ大忙しの働き者のチョウゲンボウ
Img_5911

大きなネズミをぶら下げて重そうに飛ぶチョウゲンボウ
Img_6683_2

親が獲物を持って来た子供は羽を広げ待ち受けるチョウゲンボウ
Img_6541

ベタっと腹ばいになり口を開けて餌さをねだるチョウゲンボウ
Img_6546

餌を貰っている兄弟?を羨ましげに見る後ろのチョウゲンボウ
Img_6547

まだ飛翔力が弱く羽を広げてバランスをとるチョウゲンボウ
Img_6749

兄弟?で仲良く並んで親を待つ幼鳥のチョウゲンボウ
Img_6783

この2羽は仲が良くいつも一緒に行動していたチョウゲンボウ
Img_6765

| | コメント (8)

2010年6月17日 (木)

晴れ間のMF

今日は青空が広がり梅雨の晴れ間の暑~い日となった。
森の池では今年もカイツブリの親子が泳いでいた。3羽の子供はだいぶ大きくなっていた。隣の池で繁殖したと思われ、たまに水量の多いこの池に餌さを捕りにやってくるようだ。またその後に行った河川敷では青空の中をチョウゲンボウが飛び廻っていた。

今年も子供を連れてやって来た親子のカイツブリ
Img_6918

もう親と同じくらいの子供も居た、お母さんと一緒 カイツブリ
Img_6874

だいぶ大きくなり顔の縞々も薄くなってきた兄弟のカイツブリ
Img_6899

一番上の子はこんなに大きくなっている カイツブリ
Img_6910

上空は風があり涼しそう、気持ち良さげに飛ぶチョウゲンボウ
Img_6820

獲物を見つけ翼をたたんで急降下する チョウゲンボウ
Img_6811

獲物を捕まえて回りを警戒しながら食べていたチョウゲンボウ
Img_6948

| | コメント (6)

2010年6月13日 (日)

山里で

暑い日が続いたが、関東でも梅雨入りが近いようだ。
先日、毎年行っている山の方へ出かけた。今の時期は鳥たちも繁殖期で忙しそう。現地での滞在時間が短かったがサシバやハチクマ、ブッポウソウやオオアカゲラも飛んでいたし、キビタキ、サンコウチョウ、ホトトギスの声も聞こえた。また行きたいのだが今後の天気が気になるところだ。

枯れ木の先で獲物を探しているのでしょうかサシバ♂
Img_6159

何かを見つけそちらをじっと見つめる♂のサシバ
Img_6142

風切羽がだいぶ抜けている、頭上をかすめて飛んだサシバ♀
Img_6073

近くを飛んでいったが画面からはみ出してしまったハチクマ
Img_6092

逆光で見難いですが、木の天辺にとまっていた ハチクマ
Img_6111

なんとか証拠写真が撮れた後姿のサンショウクイ
Img_2854

エナガやシジュウカラなどと一緒に居た ヤマガラ
Img_6167

残雪の谷川岳
Img_6051

| | コメント (10)

2010年6月 9日 (水)

マダラチュウヒ

先日、彩湖の土手を歩いていたら、雲が多かったが晴れ間もある空のかなり高いところを猛禽らしき鳥が飛んでいた。肉眼では見えたり見失ったりするほどだったが双眼鏡で見ると白くて翼の先が黒い、ハイイロチュウヒの♂だ!随分遅いけど今頃渡って行くのかなあ~?と思っていたが、よく見ると頭も黒いもしかしたらマダラかなと思い帰ってから画像を再確認したら背面が僅かに写っている画像があり翼の上面に錨模様の一部が写っていたのでマダラチュウヒ♂と確信した。画像は高かったのとモヤッっていたので証拠写真程度にしか撮れなかったが会いたかったマダラチュウヒの♂をしかもMFで会えるとは最高のプレゼントを貰った日となった。ライファー1種増えました。

MFで見られるとは!彩湖上空を飛んでいたマダラチュウヒ♂
Img_6186_2

高くて空がモヤッていたので鮮明ではないがマダラチュウヒ♂
Img_6184_2

北から来て南西の方向に飛び去った憧れのマダラチュウヒ♂
Img_6189

| | コメント (18)

2010年6月 7日 (月)

今日のMF周辺

気温はそれほどでもなかったが風が無く土手や田圃は暑かった。
彩湖から田圃に行ってみたら先に来ていた仲間がコヨシキリが入っているという。昨年と同じ場所で良く鳴いていた。先週は見当たらなかったが今年も来てくれたようだ。最近ここの田圃では数が少なく貴重な存在となっている。

この田圃では少くオオヨシキリの声に負けそうなコヨシキリ
Img_6391

やっと上にあがってきてこんな恰好でも囀っていたコヨシキリ
Img_6380

オオヨシキリに負けずと健気に頑張って囀るコヨシキリ
Img_6297

葦の中を巧みに飛びまわるコヨシキリ
Img_6279

餌さ捕りに田圃の稲の間を歩き回る ヨシゴイ
Img_5523

目の前を飛んで隣の葦原に入った ヨシゴイ
Img_6344

親子で葦原から出てきたが子供の数が減っている バン
Img_5836

チョウゲンボウがオオタカを追いかけてきてモビングしていた
Img_6229

| | コメント (8)

2010年6月 2日 (水)

新緑

涼しい天候が続いたがいよいよ気温も上がってくるという。
MFの森はカッコーとホトトギスの声だけとなったので、昨日、近くの山へ行ってみた。山道に入ると直ぐにキビタキとオオルリそれにセンダイムシクイの合唱が聞こえ、近くではコサメビタキのペアが新居を作るのに大忙しだった。以前はこの時期にバーダーの姿を見かけたが、この日は誰も居ない、最近は赤い鳥がいるというので戸隠などは大勢の人が行っているようだが此処は人気がないようだ。お陰で新緑の静かな山道を散策する事が出来、森林浴と帰りの温泉浴を満喫できた。

小さい身体に大きな目が可愛い新緑の中のコサメビタキ
Img_5658

眩しいほどの新緑の森で新居造りに励む コサメビタキ
Img_5620

クヌギ?の水平になった枝にペアでクモの糸を運ぶコサメビタキ
Img_5621

今度は何処からか苔を持ってきた、長居は無用 コサメビタキ
Img_5667

オレンジ色の喉を膨らませて美声を聞かせてくれたキビタキ
Img_5633

隣の枝に飛び移ろうと羽を広げてスタンバイ キビタキ
Img_5625

負けずに囀っていた緑の中で綺麗な青い鳥 オオルリ
Img_5747

枝の先端で「チヨチヨビー」 動きの早いセンダイムシクイ
Img_5696

葉の中に餌さでも見つけたのでしょうか上目で見る ヒガラ
Img_5574

| | コメント (10)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »