« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月30日 (日)

争い!

先日、水路の側で2羽のキジの♂がばったり鉢合わせ、初めは姿勢を低くして牽制したり羽を広げて威嚇し合っていたが、突然ジャンプして蹴飛ばし今度は一方がジリジリと水路の方に追い詰めて行った。追い詰められたキジはこともあろうに足を滑らせて水路に落ちてしまった。すぐに水路から飛び出したがこれで勝負あり。落ちた1羽は精彩を無くし寂しげに去っていった。2羽のキジのうちどちらが此処のテリトリーを持っていたのかは分らなかったがたぶん前から此処にいたキジが守ったようにみえた。出会いから勝負がつくまでの一部始終を観察することができ良かった。

綺麗な花が咲く草地にテリトリーを張っている1羽のキジが居た
Img_3183

少し離れた水路の側でもう1羽の♂がやって来て睨み合うキジImg_3130

ぐるぐる回りながら羽を広げてお互いに威嚇し始めたキジ
Img_3125_2

暫らく睨みあっていたが1羽がジャンプして戦いを始めたキジ
Img_3126

羽を広げて派手に蹴り合いが始まった2羽の♂のキジ
Img_3113

片方のキジが相手をだんだん水路に追い詰めていったキジ
Img_3123

水路の端に追い詰められて「危ない落ちる」と羽ばたくキジ
Img_3121

一瞬水路の中に落ちて慌てて水飛沫を散らして飛び上がるキジ
Img_3148_2

勝負あり!勝った(右)は「どうだ!」と負けた(左)を見下す
Img_3151

| | コメント (16)

2010年5月25日 (火)

暑かった田圃で

2日続いた雨も止み朝から良い天気、
森を回ったが元気の良いカッコウとホトトギスだけなので田圃へ行ってみた。歩き始めると水の張ってある田に2羽の小さなシギがクルクル回っていた。夏羽の綺麗なアカエリヒレアシシギのペアだ。冬羽は内陸の田圃でも結構見られるが、MFの田圃で夏羽の個体は見られる機会が少ない。

畔に咲く花の下で夢中で餌さを捕るアカエリヒレアシシギ
Img_5211

ペアで仲良く泳ぐ アカエリヒレアシシギ
Img_5116

昨日の悪天候で迷い混んだのだろうかアカエリヒレアシシギ
Img_4917

畔にはハルジオンが咲いていた アカエリヒレアシシギ
Img_4715

首の赤色が綺麗な夏羽のアカエリヒレアシシギ
Img_4845

| | コメント (10)

2010年5月22日 (土)

春の遠征3

毎日晴天で日に日に鳥が減っていく。
それでもマミジロキビタキやカラスバトは複数いたし、毎年ここで会えるハチクマもタカ柱をつくってくれた。帰りの航路ではたくさんのオオミズナギドリの群れとウトウが数羽、それとカンムリウミスズメも見られた。画像は其のほかに見られた主なものを載せてみます。現地では多くの知り合いの方にお会いできてうれしかったです。同行したみなさんお世話になりました。

近すぎて上半身しか写せなかったが複数居たカラスバト
Img_4222_2

この角度からだと少し鳥相が悪く見える ホトトギス
Img_3420

2羽いたがこの個体は愛想が良く逃げないハチジョウツグミ
Img_3409

この日はあちこちにたくさん入って居た マミチャジナイ
Img_3882

♂や♀や若い個体など多かった、色鮮やかなムギマキ♂
Img_3494

暗い藪の中から出てきた黄色い嘴が目立つ クロツグミ
Img_4051

お腹のレモンイエローが鮮やかで人気があるマミジロキビタキ
Img_5863

綺麗な青い鳥もまだ少数居た オオルリ
Img_3896

6羽でタカ柱をつくり上昇する大きなハチクマ
Img_4184

| | コメント (10)

2010年5月20日 (木)

春の遠征2

今日も朝から快晴、
晴天続きなので昨日居た鳥たちもどんどん抜けて行き数が少なくなってきている。朝、岩場で知り合いがレンズを向けている方を見ると小さな地味な鳥がチョロチョロ動いている、チフチャフだ!!距離もあり鳥も小さいので撮りにくいが、一度だけ先回りをして近くへ来るだろうと待っていたら約6mぐらいの近くの葦にとまってくれた。秋に見たことはあるが春に見られるのは珍しいということだった。

この時だけ近くにとまってくれた黒い足のチフチャフ
Img_3701_2

岩場の上で敏捷に動きまわる数少ない小さな チフチャフ
Img_3585

秋に見られることが多く春には珍しいという チフチャフ
Img_3692

岩場の上には餌さになる小さな虫がたくさんいる チフチャフ
Img_3567

餌さの虫を狙って何回もホバリングをしていた チフチャフ
Img_3569

池の上をツバメと一緒に高速で飛び回る1羽のアマツバメ
Img_3629

時期的に少し遅いような気もするが渡っていく サシバ
Img_3731

10数羽の群れで松の木にとまっていた コムクドリ
Img_3775

| | コメント (4)

2010年5月19日 (水)

春の遠征1

5月13日~17日、
今年も恒例の春の遠征の時期となった。
現地に着いて宿へ行く途中、いつもなら小鳥が飛び交っているのに今日は余り姿が見えない。少ないのかなと思われたが、宿の前の草地にはヒメコウテンシが5羽、キマユホオジロが1羽、他に主なものはコホウアカやビンズイ、センダイムシクイなど、アトリはたくさん居た。それとアカマシコの♀が2羽、ヤマショウビンは朝に海沿いで見られたという。

5羽の小群で飛び廻っていた ヒメコウテンシ
Img_3605

黄色い眉斑が鮮やかですが画像では出ていないキマユホオジロ
Img_3320

野草の綿毛を嘴につけたアカマシコ♀(通称チャマシコ)
Img_3272

野草の実を口いっぱいに頬張る アカマシコ
Img_3274

綺麗な赤い♂を見てみたい、地味なアカマシコ♀
Img_3286

夏羽になり頭部が真っ黒な アトリ
Img_3763

酒を飲んだときのような赤い顔の小さな コホオアカ
Img_4252

途中に寄った水辺の杭にとまっていた ミサゴ
Img_3190

| | コメント (8)

2010年5月 9日 (日)

春のハイイロチュウヒ

GWも終わり、昨日今日は晴天となる。
MFの森にサンコウチョウを期待して行ってみるが入っていない。見られたのはキビタキとセンダイムシクイなど、ツツドリも居たらしいが見られなかった。そこで今日は少し前に撮った画像ですが、冬から春の間まで楽しませてくれたハイイロチュウヒの♂が土手一面に咲く菜の花の上を飛ぶ姿をUPします。1日に1回か2回ぐらいしか会えないハイイロチュウヒの♂がこの日は午前中から4,5回は土手の上を飛んでくれて最良の日となった。今季は綺麗なハイチュウの姿を充分に堪能する事が出来た。名残惜しいがまた、来期も会えることを期待します。

一面に咲く菜の花の上を旋回するハイイロチュウヒ♂
Img_7702_4

獲物を探しながら何回も飛んでくれたハイイロチュウヒ
Img_7703

菜の花の中を低く地上すれすれに飛ぶハイイロチュウヒ
Img_7632

遠くに居たのに瞬く間に近づいてくる ハイイロチュウヒ
Img_7868

ネズミがたくさん居るので何回も捕まえていたハイイロチュウヒ
Img_8138_2

| | コメント (12)

2010年5月 5日 (水)

アカガシラサギ

GWの最終日、今日も暑くなった。
相変わらずMFの森はバーベキュウの人たちで混んでいる。昨日に比べるとキビタキの声はすれども鳥影が少なく寂しかった。午後になって近くの田圃にアカガシラサギが居た。探鳥会の人たちが見つけたらしい。完全な夏羽でとても綺麗な個体だ。あまり近くには寄れなかったが森が静かだったので田圃で盛り上がりました。たくさん撮ったのでいろいろなポーズを載せてみます。

獲物を探すとき、冠羽を立て鋭い目のアカガシラサギ
Img_2570

畔の草の陰で羽繕いに専念するアカガシラサギ
Img_2507

まるで赤褐色のマントを被ったような綺麗なアカガシラサギ
Img_2757

飛ぶと白い羽と赤褐色のコントラストが綺麗なアカガシラサギ
Img_2697

飛んできて花の咲く畔に着地成功 アカガシラサギ
Img_2704_2

嘴を下に向けたと思ったらカエルを捕まえていたアカガシラサギ
Img_2772

暫らく持っていたがゴックンと飲み込んだアカガシラサギ
Img_2786

風で冠羽が逆立って角のようになったアカガシラサギ
Img_2792

| | コメント (12)

2010年5月 4日 (火)

GWのMF

今日は初夏のような汗ばむ陽気となった。
森にはオオルリや数羽のキビタキ、センダイムシクイ、エゾムシムイ、ツツドリ、コムクドリ、それにサンショウクイも入っていて賑やかなのだが、木には青葉が繁りオオルリ、キビタキ以外はなかなか姿をみるのが難しい。森ですぐそばに居たサンショウクイを撮りそこない、コムクドリは行ったら飛んだ後だった。帰りに朝コムクドリが見られたというがもう居ないだろうと思ったが彩湖に寄ったら5,6羽のコムクドリがクヌギの木の低いところで餌さを捕っていた。また、田植えが始まった田圃にはチュウシャクシギが3羽とアマサギ、チュウサギ、数百羽のムナグロの群れが休んでいた。

数羽が良く鳴いていた動きの早いセンダイムシクイ
Img_2318

暗い葉陰のあちこちから「チヨチヨビー」 センダイムシクイ
Img_2349

数羽が入っていたが若い個体が多かったキビタキ
Img_2197

田圃では少数だが春の渡りの定番、 チュウシャクシギ
Img_2224

田圃の畔に花の咲く頃に毎年来てくれる チュウシャクシギ
Img_2254

MFの田圃では貴重な アマサギ
Img_2264

彩湖の低いクヌギ?の木にとまっていたコムクドリ
Img_2383_2

森では飛んだ後だったが此処で見られて良かったコムクドリ
Img_2390_2

狭い範囲を行ったり来たりしていた コムクドリ
Img_2396_3

水鳥の居なくなった彩湖で5,6羽の群れが居た コムクドリ
Img_2411_2

| | コメント (4)

2010年5月 1日 (土)

ソリハシセイタカシギ

朝から爽やかな5月晴れとなる。
ここ数日三番瀬で見られている2羽のソリハシセイタカシギが昨日近くで観察出来たと聞き行ってみたが、汐が満ちてきて遠くに居るのを眺めているだけだった。今日も近くで見られると聞き出かけたが、遅くなってしまいギリギリ間に合った。久し振りのご対面だったが時間が無く急いで撮って急いで引き上げることになってしまった。

2羽が仲良く行動を共にしていた ソリハシセイタカシギ
Img_1973

細くて上に反ったな嘴が面白い ソリハシセイタカシギ
Img_1985

変わった形の嘴を広げた ソリハシセイタカシギ
Img_1992

ユリカモメと一緒に飛び出した ソリハシセイタカシギ
Img_2062

時間が無く後ろ姿しか撮れなかった ソリハシセイタカシギ
Img_2079

まだ時間が早かったので帰りにクロトウゾクカモメを見に行く、翼をケガしていると聞いていたのであまり気乗りはしなかったのだが、近くまで来たので寄ってみた。

翼を傷めているようです 頑張れ! クロトウゾクカモメ
Img_2116

ガラス越しなのでボケていますが尾羽を広げたので中央尾羽が出ている特徴が良く分る クロトウゾクカモメ
Img_2138

| | コメント (8)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »