« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月31日 (日)

MFと海

わりと穏やかな晴天が続いている。
今週はMFの余り警戒心の無い若いノスリや土手で遊んでくれたチョウゲンボウ、今季はあちこちで多く見られる人気者のトラツグミ、それと先日行った海辺ではすぐ近くの枝にとまったイソヒヨドリなどいろいろな所で撮った鳥たちを載せてみます。

土手で餌さでも食べていたのか近い チョウゲンボウ
Img_0877

若い個体は警戒心が薄いのでなかなか飛ばない ノスリ
Img_0123

今季はあちこちで話があり個体数が多いようだ トラツグミ
Img_1860

身体は地味色だが飛ぶと翼帯が出て綺麗なトラツグミ
Img_1920

短い距離を移動しては餌さを探していた トラツグミ
Img_1797

海辺の近くの木にとまっていた青と赤が綺麗なイソヒヨドリ
Img_1615_4

あちらこちらの岩礁の回りで餌さを獲っていたシノリガモ
Img_2247

光線の良い個体は遠く、逆光でしか撮れなかった シノリガモ
Img_2254

遠くの沖合いにはたくさんいたが近くには少なかったクロガモ
Img_2273

| | コメント (10)

2010年1月24日 (日)

久々の海辺

昨日行った冬の海辺はかなり寒いと思ったが、風が無いので以外に暖かくカメラを担いで歩くと汗ばむほどだった。以前から居るコクガンは近くの岸で寝ていたので近かったが、ビロードキンクロやクロガモは遥か遠くのカモの群れの中に浮かんでいた。現地ではお二人のTさんにも会いハジロコチドリが居ると連絡を貰って撮ったり、集まってきたミヤコドリを撮っているとエンジン付きのハンググライダーが飛んできて鳥をみんな飛ばしてしまった。なんか気力が無くなって早々に引き上げた。

お馴染みの格子模様?になって飛ぶハマシギの群れ
Img_1214

汐の引いた干潟で餌さを獲っていた ハジロコチドリ
Img_1138

顔が痒いと言ってるかどうか・・・ ハジロコチドリ
Img_1134

岸に上がってずっと寝てたがちょっとだけ起きたコクガン
Img_1057

遠かったが目の下の白斑と赤い嘴が目立つビロードキンクロ
Img_1151

潜るとなかなか浮かんでこない ハジロカイツブリ
Img_0993

海草の塊の中から餌さを探す赤い嘴のミヤコドリ
Img_1186

たくさんの群れが飛んだり羽繕いをしたりしていたミヤコドリ
Img_1224

| | コメント (10)

2010年1月20日 (水)

今週のMF

今日は暖かく4月のような陽気になった。
暫らく静かだったMFの森も最近は近くで撮れるトラツグミ狙いのカメラマンが増えてきて賑やかになってきた。また、素早い動きに翻弄されて何回挑戦しても上手く撮れずに疲れてしまうが、キクイタダキも良く見られるようになった。まだマヒワやアトリの姿が見えないのは寂しいが、アリスイも顔を出すようになり、ようやく冬の森らしくなってきた。

ボサボサ頭の可愛いお客さんがやって来た ヒガラ
Img_0291_2

針葉樹の中で盛んに虫を捕っていた ヒガラ
Img_0363

尖って見える後頭部とよだれかけが可愛い正面からのヒガラ
Img_0378

休む間もなく右や左にと忙しなく動き回るキクイタダキ
Img_0631

頭頂の黄色が見えるのは空抜けしか撮れなかったキクイタダキ
Img_0467

盛んにホバリングをしながら餌さを捕るキクイタダキ
Img_0457

今年もゴチャゴチャした藪の上に顔を出した アリスイ
Img_0228_2

移動して藪の中に入った、同じような色で見にくいアリスイ
Img_0233_2

| | コメント (6)

2010年1月17日 (日)

荒川上流で

朝晩の冷え込みが厳しい日が続く。
道幅の広いバイパス道路の赤信号で止まった時、なんとなく車窓から田圃を見たら電線にとまっている腹のオレンジ色と上面の青灰色の綺麗なコチョウゲンボウの♂を見つけた。信号が青に変わり少し走って直ぐに農道に入って車を止めるととまっていたコチョウゲンボウがこっちに向かって飛び立った。いつもは一直線に飛んで行ってしまうのに珍しく餌さを探しているかのように旋回をしてくれた。少し遠かったので写真はピンが甘くなってしまったが、ほんの短い時間だったが綺麗な姿を充分楽しむことが出来た。

こちらに向かって飛んできて旋回する コチョウゲンボウ♂
Img_0059

旋回してくれたので上面も見られた コチョウゲンボウ♂
Img_0081_2

餌を獲れずにスピードを上げて通過するコチョウゲンボウ♂
Img_0082

高度を上げて一直線に飛び去る コチョウゲンボウ♂
Img_0084

毎年越冬にやって来て優雅に飛び回る コハクチョウ
Img_9936

山をバックに飛ぶ コハクチョウ
Img_9926

ほっぺたの白い斑が目立つ ホオジロガモ♂
Img_9866

丁寧に羽繕いして体を綺麗にする ホオジロガモの群れ
Img_9962

| | コメント (6)

2010年1月10日 (日)

冬のアシ原など

朝晩は冷え込むが昼間は風が無ければそれほど寒くは無い。
久し振りのアシ原へ行ってみた。ここはチュウヒの数が多くいろいろなタイプが同時に乱舞するので見ていると楽しい。また大きな魚を持ったミサゴやノスリもよく飛んでくる。ついでに周辺のアシ原も廻るとそこでは大きな猛禽が飛んでいた。他にコチョウゲンボウやチョウゲンボウも見られ、冬のアシ原はまさに猛禽天国だ。近くにヒシクイが居ると聞き帰りに寄ってみると7羽が餌さを食べていた。

この個体はいちばん近くに来て旋回してくれた チュウヒ
Img_9566

アシ原の上を飛んできて低木にとまろうとするチュウヒ
Img_9582

低木の枝が細いので羽を広げてバランスをとる チュウヒ
Img_9585

旋回する♀タイプだが小さかったので♂?のハイイロチュウヒ
Img_9738

逆光で真っ黒になってしまったが大きな鳥が飛んでいた
Img_9472

証拠写真にもならないような遠くを飛ぶ証拠写真○○○ワシ
Img_9517

田圃に7羽の群れが越冬に来ていた ヒシクイ
Img_9759

1羽が見張りであとの6羽はお尻ばかりが目立つヒシクイ
Img_9771

| | コメント (12)

2010年1月 6日 (水)

あちこちで・・・

年が明けて天気は良いが寒い日が続く。
MFの森や田圃もあまり代わり映えがなく、広い葦原にも行ってみたがあまり収穫がない。昨日、近くの公園で2羽のコクチョウが見られたというので、行ってみた。何処かの公園から抜け出してきたのだろうが此処では珍しいので人気者になっていた。

公園の池でよく飼われているが此処では珍しいコクチョウ
Img_9383

もっと寄ればハートのラブリングになるのだが コクチョウ
Img_9352

池に陽が反射してダイヤモンドの光のような中のコクチョウ
Img_9372

青空をバックに高いところを飛んでいた タゲリの群れ
Img_8981

♂は暗くなってからだが♀タイプはよく飛ぶハイイロチュウヒ
Img_6306

電柱にとまっていたが急に飛び立った ハヤブサ
Img_9255

今季初、素早い動きに翻弄された キクイタダキ
Img_9284

| | コメント (10)

2010年1月 2日 (土)

鋭い目

今年もよろしくお願いします。

針葉樹の天辺から鋭い目で周りを見る ハチクマ
Img_8781

| | コメント (14)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »