« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月27日 (日)

師走

今日は風が少し冷たかったが青空が続く。
今年もあと数日を残すのみとなった。先日の公園では赤いイイギリの実や黄色いセンダンの実をヒヨドリが食べに来る。ホバリングをしながら実を咥えるので見ていると面白い。また、トラツグミもよく出てくる。昨日ミコアイサが見られたというので午後から彩湖畔を歩いてみたら、3羽のホオジロガモが盛んに潜って餌さを探していた。他には頭の上を低く飛んで行ったオオタカやチョウゲンボウ、湖面にはハジロカイツブリやハシビロガモ、キンクロハジロ、ヨシガモ、カンムリカイツブリ、オオバンなどでした。

群れでイイギリの赤い実を数日で食べつくした ヒヨドリ
Img_8171

ホバリングをしながらイイギリの実を咥えるヒヨドリ
Img_8402

今度は黄色も食べてみようとセンダンの実を咥えるヒヨドリ
Img_8434

水を飲みにやって来た、来年は年鳥?のトラツグミ
Img_8632

綺麗な♂は居なかったが、2羽で仲良く泳ぐホオジロガモ
Img_8802

おむすびのような三角頭のホオジロガモ
Img_8801

羽ばたく後姿のホオジロガモ
Img_8836

師走で忙しいのでしょうか、小走りに駆ける イソシギ
Img_8862

| | コメント (10)

2009年12月23日 (水)

MFの田圃で

朝から青空が広がり寒さも少し和らいだ。
森は期待できないので田圃へ行ってみた。畔を歩いていると草むらから2羽の小鳥が飛び出して近くに降りた。よく見るとホオアカだ!それからは右に左にとすぐに草むらに潜ってしまうのでなかなか撮れない。だいぶ田圃を歩き回って気がつくとお昼の時間になっていた。他にはカシラダカやオオジュリン、ホオジロ、タヒバリ、カワラヒワ、オオタカ、チョウゲンボウなどが見られた。

毎年この田圃に越冬しに来てくれる ホオアカ
Img_8556

何が恥ずかしいのか赤いホッペが目立つ ホオアカ
Img_8503

夏に比べるとだいぶ羽色が薄くなっている ホオアカ
Img_8541

今年は数が入っている冬枯れの田圃のホオアカ
Img_8579

約30羽ほどの群れが休んでいた タゲリ
Img_8517

ホオジロ
Img_5616

| | コメント (12)

2009年12月19日 (土)

今週の鳥

今朝は厳しい冷え込みとなった。
MFの森は霜が降りていた。奥へ行くとエナガの群れが楽しませてくれたり、カラスにモビングして近くの木にとまったハイタカを撮り損ね、ルリビタキの♀タイプは愛想が良かった。

早くもコブシの蕾が膨らみ始めた枝で エナガ
Img_7961

先日、少し遠くのアシ原へ行ってみた。近くの田では越冬中のエリマキシギやタカブシギが見られ、アシ原では夕方になるとチュウヒが飛び始めた、中に頭の真っ黒な大陸型のチュウヒが飛んできた。なかなか綺麗な個体だった。

頭が真っ黒でまるで頭巾を被ったような大陸型のチュウヒ
Img_7398_2

頭の黒い大陸型は飛来数が少ないと思われる チュウヒ
Img_7372

遠かったのでもう少し近くで撮ってみたい大陸型のチュウヒ
Img_7382

アシ原の上を飛ぶ♀タイプのハイイロチュウヒ
Img_7233

昼間はミサゴが見られ、たまに飛んできたオオタカ幼鳥
Img_7115

水の入った田でタゲリの群れの中に居たエリマキシギ
Img_7169

十数羽の群れで居た タカブシギ
Img_7158

今日、土手の上からは雪化粧の真っ白な山々が見られた
Img_8034

| | コメント (12)

2009年12月13日 (日)

河川敷で

今日は冷たい風が強く吹き肌寒い日となる。
先日、河川敷の土手の上で木がまばらに生えているアシ原を眺めていたら、枯れ木にとまっている鳥が居たので良く見ると「あれっ、アリスイだ!」、その時はすぐに降りてしまったが、暫らくするとすぐ近くの枯れ枝に出て来た。小枝の多い木だったが、近いのでしっかりと観察することが出来た。他にはたくさんのツグミやシメやエナガなどが、また空にはノスリ、オオタカ、チョウゲンボウが気持ち良さそうに舞っていた。

小枝が多くゴチャゴチャした木だが近くにとまったアリスイ
Img_7109

土手の下から生えてる木なので丁度目線の高さのアリスイ
Img_7073

この日は暖かかったので眠そうな目をしていた アリスイ
Img_7098

複雑な模様で超地味な後姿の アリスイ
Img_7101

そろそろ終わりに近づいた紅葉をバックに エナガ
Img_6764

寒いのか身体を膨らまして可愛かった エナガ
Img_6745

枯れ枝から飛びだした エナガ
Img_6753

  紅葉と雲
Img_6669

| | コメント (6)

2009年12月 6日 (日)

山から里へ

冷たい雨の後の穏やかな晴れとなった。
数日前に訪れた公園では綺麗なルリビタキの♂が見られた。冬になると山から平地にやってくるこの鳥もバーダーに人気が高い。今日行った他の公園では1羽の♂と2羽の♀タイプのルリビタキが居て、1羽は春先のような良い声で囀っていたので♂の若い個体と思われる。またミソサザイやトラツグミ、エナガなども山から越冬にやって来て楽しませてくれている。

青い色が際立つ綺麗な♂のルリビタキ
Img_6548

良い声で囀っていた♂と思われる若いルリビタキ
Img_6904

このタイプも可愛い! 上と同じ個体のルリビタキ
Img_6889

尾羽を直角に上げて一休み態勢をとる ミソサザイ
Img_6640

尾羽の裏の模様など後ろから見ても可愛いミソサザイ
Img_6657

スポットライトで照らされた舞台の上のミソサザイ
Img_6954_2

| | コメント (12)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »