« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年9月 6日 (日)

思い出の沖縄

昼間は暑いが朝晩はだいぶ涼しくなった。
平地でも9月に入りあちこちでキビタキ、ムシクイ、コサメビタキ、ノビタキなどのヒタキ類やサンコウチョウなど秋の渡りの話を聞くようになってきた。2005年2月、見られる機会の少ないバライロムクドリ、オリイモズ、タカサゴクロサギ、オニアジサシなどが沖縄で一度に見られると聞き出かけた。先に見ていた方の情報で効率良く観察する事が出来た。沖縄は数回行っているがこの時は短期間で目的の鳥たちをゲット出来たので、残りの時間でヤンバルクイナやノグチゲラ、アカヒゲなどの固有種も観察する事が出来、充実した楽しい遠征でした。

魚を捕まえるのが上手い タカサゴクロサギ
Img_6303_5

水路で獲物を狙っていてブルブルをしたタカサゴクロサギ
Img_6220_2

もっとバラ色をした成鳥も見てみたいバライロムクドリ若鳥
Img_6152

あちこち飛び廻って、やっと良いところに来たオリイモズ
Img_6187

小さな池に10羽ぐらいの群れが居た クロツラヘラサギ
Img_6079

干潟に2羽いたらしいがこの日は1羽だった オニアジサシ
Img_6036

沖縄といえばやっぱり主役はこの鳥 ヤンバルクイナ
Img_6234_2

| | コメント (14)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »