« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月30日 (木)

暑い!

とても蒸し暑い日だった。
何となく海辺へ出かけた。海風が涼しく感じるが湿度が高く肌はベトベトになる。鳥はというとウミネコとカワウ、池にはカイツブリやカルガモが浮かんでいるだけ、何か居ないかと歩いていると地元の知り合いに会いコムクドリの群れが居るというのでその場所で待ってみた。いつもは10羽以上の群れが来ると言っていたが、今日は風も強くミズキの実を食べにきたのは数羽だけだった。

青空をバックに枯れ枝にとまる コムクドリ
Img_1921

ミズキの実を食べに来た コムクドリ
Img_1967

ミズキの実は好物なのでしょう コムクドリ
Img_1974

暑いので木陰でウトウト目がとろんと眠そうなコムクドリ
Img_2016

少しは目が覚めたのかな でも、まだ眠そうなコムクドリ♂
Img_2018

その後、シギチは来てないかと他を廻ってみたらアオアシシギが10羽ほどとキアシシギ、ソリハシシギなどが見られた。もう、渡りが始まっているようだ。

羽繕いの後に伸びをした アオアシシギ
Img_2060

10羽以上が採食していた アオアシシギ
Img_2106

| | コメント (8)

2009年7月26日 (日)

赤い鳥

雨水をたっぷり吸い込んだブナの森を歩いていると遠くの対岸に赤い鳥がとまっていた。アカショウビンだ!暫らく見ているとこちらに向かって飛んで来て一旦近くにとまったがすぐに飛び去った。また、アオゲラの親子が居たので撮ろうとカメラを出して狙っていたら、「最近この辺りでクマの目撃情報があるので気をつけてください」と言われ、なんだか落ち着いて撮っている気になれず、その場を後にした。

遠かったが炎のような赤さが目立った アカショウビン
1img_1440

ビックリ!真上に来てとまった真下から見たアカショウビン
Img_1733

「キョッキョッ」と鳴きながら上へ上へと登る アカゲラ
Img_8749

道端でガサガサ、タヌキではないように見えたがアナグマ?
Img_1430

池でおんぶしていた アメンボウ(6月撮影)
Img_5821

| | コメント (12)

2009年7月23日 (木)

ブナの森で

久し振りの遠出。安くなった高速料金、しかし渋滞が凄いらしいので余り出かける気がなくなっていたが、前から予定をしていたのでSさんに同行させて貰った。連休の最終日に出かけたが下りは順調に走れた。現地に着くと天気は曇りだったがブナやミズナラなど広葉樹林の多い苔むした森ではアオゲラの親子やキビタキの声が聞こえ、遠くでアカショウビンの声もした。じっとしていると近くで声が聞こえ突然目の前にオオアカゲラが飛んできたので慌ててシャッターを押した。

目の前の木にペアで飛んで来たオオアカゲラ
Img_1490_2

近くで声が聞こえ暫らくしたらやって来たオオアカゲラ
Img_1511_2

ブナなどの落葉広葉樹林帯などを好むオオアカゲラ
Img_1473_2

樹の幹を回りながら登っていたオオアカゲラ
Img_1478_2

近くの公園でアゲハチョウが飛んでいた モンキアゲハ
Img_1378

クロアゲハやカラスアゲハと一緒に居た ナガサキアゲハ
Img_1410

| | コメント (8)

2009年7月18日 (土)

今週の鳥など

梅雨が明けて暑い日が続く。
先日、長野県の入笠山へ行った。ここは6月頃にはスズランの群落が見られることで知られている。頂上には短時間で登れ360度の見晴らしも良いはずなのだが、この日は雲の合間から僅かに八ガ岳の主峰赤岳が見えたが、北アルプスも近くの南アルプスも雲に隠れたままだった。

湿原への渓流沿いで大きな声で鳴いてた ミソサザイ
Img_9488

低木の中で巣材を探していたようだ ミソサザイ
Img_9474

登山道の脇に咲いていた鳥の名前がついたヨツバヒヨドリ
Img_9406

草地の斜面に咲いていたキバナノヤマオダマキ
Img_9409

今日は蒸し暑かったが広い芦原ではコヨシキリやホオジロが囀り、川ではササゴイが魚を狙って佇んでいた。

枯れ木に飛んできたが左足をケガしているようだササゴイ
Img_1251

倒木にとまって餌さを狙う 涼しそうなササゴイ
Img_1254

トンボを狙って追いかけていたキセキレイ
Img_6737

小さな川のコンクリートの上にとまっていたヒメサナエ
Img_9338

葉っぱの上で日光浴かな カワトンボ
Img_9333

| | コメント (14)

2009年7月14日 (火)

可愛い頃!

今日梅雨明け宣言が出た、いよいよ夏本番。
先日、初めに見た日から約1週間と2週間ごろにコチドリの場所に行ってみたら、少し移動していたが、だいぶ足腰がしっかりして草地を走り回るヒナたちが見られた。この時期までが一番可愛い頃かもしれない。
この記事を掲載する頃はすでに無事成長して飛び立っているだろう。

約1週間後、だいぶ大きくなった コチドリ
Img_9054

足どりもしっかりして2羽で元気に歩き廻る コチドリ
Img_9096

チョコチョコと歩くのがとても早くなった コチドリ
Img_9100

約2週間後、まだ小さいけど羽模様も親に似てきた コチドリ
Img_9744

身体の模様も濃くなってきて行動範囲が広くなったコチドリ
Img_9752

一丁前に短い翼を広げて伸びをする コチドリ
Img_9770

草の生えた水の中でポーズをとってるの コチドリ
Img_9099

| | コメント (12)

2009年7月12日 (日)

小さいな!

今日は梅雨が一休みで青空が出た。
稲がどんどんと伸びて緑一面の田圃はツバメが低く飛び交い、バンのヒナやカルガモのヒナが畔で休んでいるぐらいで静かだった。砂利の混じった草地でコチドリが鳴いている。初めは気がつかなったが、よく見たら2羽の小さな小さなヒナがちょこまか歩いていた。砂利の色と似ていてしゃがみ込むと何処に居るのかまるで分らない。このヒナを2週間ほど観察してみたので、成長する姿を2回に分けて掲載してみます。

孵化して間もない2羽のヒナ、何処に居るでしょう?コチドリ
Img_8658

小さな、小さなヒナが親鳥のところにやって来たコチドリ
Img_8691

親のお腹には先に1羽が入っているが僕も入れてとコチドリ
Img_8824

暖かい親のお腹に2羽が入って足が6本見える コチドリ
Img_8842

そろそろ散歩でもと親鳥のお腹から出てきた コチドリ
Img_8886_2

出てはきたがなかなか親鳥から離れない コチドリ
Img_8887

1羽で出て行くヒナに親が「気をつけてね」と心配顔のコチドリ
Img_8905

| | コメント (12)

2009年7月 9日 (木)

続 チョウゲンボウ 

今日は梅雨の晴れ間で日差しが出てきた。
河川敷へ行くと先日のチョウゲンボウが土手でネズミを獲って仲間と争ったり遊んだりしていたが、だんだん行動範囲が広くなり、一箇所に集まっていることが少なくなった。仲間と一緒に居る期間もそう長くはないようだ。

土手でネズミを獲って、片羽を上げ、両足を
ふんばって餌さの獲物を咥えるチョウゲンボウ
Img_9213

好物のネズミを逃がすまいと咥えるチョウゲンボウ
Img_9212

さあ、回りを警戒してから食べようとするチョウゲンボウ
Img_8947_2

其処へ仲間が獲物を横取りしょうと襲ってきたチョウゲンボウ
Img_9220

2羽で争っているのか戯れているのか? チョウゲンボウ
Img_8957

数羽であそんでいるのも短い期間だけかも チョウゲンボウ
Img_8964

仲間がチョッカイを出したので怒っている?チョウゲンボウ
Img_9287

| | コメント (8)

2009年7月 5日 (日)

収穫有り

先日、毎年行く山里へサンコウチョウを見に行った。着くとすぐに「ホイホイホイ」と朗らかな声が聞こえてきて長い尾をなびかせヒラヒラ飛ぶ姿が見えた。杉林の中の巣には3羽のヒナが顔を出している姿も見えたが、その日の夕方に無事巣立ちしたと後で聞いた。

今年も杉林で元気に飛び廻ってたサンコウチョウ
Img_8048_2

コバルトブルーのアイリングが目立つサンコウチョウ
Img_8051

堪能したのでもっと奥の林道を歩いてみた。昨年キビタキの幼鳥を見たので、今年はどうかと思ったが、途中で会ったのはガビチョウとカケスとホオジロとトビだけ、なおも進むと橋があったので下の川を見ていたらずっと遠くに2羽のヤマセミの姿が見えた。暫らく見ていると1羽がこっちに向かって飛んできて枯れ木にとまった。まだ、かなりな距離があったが証拠写真が撮れた。

杉の木の天辺で「ピーヒョロロ」と鳴いていたトビ
Img_8067_2

遠かったが久し振りに会った ヤマセミ
Img_8092_2

その後、まだ時間が早かったので以前に近くで見たアオバズクは居るかなと行ってみたら、今年も同じ木に同じ姿でじっととまっていた。この日は1日で効率良くいろいろ見られ大いに収穫有りの日となった。

毎年同じ木にやって来るまん丸い目のアオバズク
Img_8134

木の葉の僅かな隙間から覗いてみた アオバズク
Img_8144


| | コメント (13)

2009年7月 1日 (水)

チョウゲンボウ

夜から早朝にかけて雨が降るが昼間は降らないので午前中にちょっと田圃へ出かけた。何も居ないので帰ろうと土手の上から荒地を見るとチョウゲンボウの幼鳥と思われる3羽が戯れて居た。この時期はあちらこちらでチョウゲンボウなどが巣立ちしたとの話を聞くが、此処も近くの人工物で繁殖したのだろう。あまり動かない子や活発に飛び回る子など、兄弟が一緒に行動しているので餌さを捕ったり絡んだりと見ていて飽きない。暫しの間楽しませてもらった。

近くを飛んで綺麗な羽模様を見せたチョウゲンボウ
Img_8508_2

土手で獲物を探しながらゆっくり飛ぶチョウゲンボウ
Img_8365

着地前の制動を掛けた後ろからのチョウゲンボウ
Img_8420

荒地に降りて休憩していた チョウゲンボウ
Img_8472

3羽が近くの草はらに降りて居たチョウゲンボウ
Img_8193

獲物を持った1羽を追いかける チョウゲンボウ
Img_8456

3羽も居るといろいろな仕草が楽しい チョウゲンボウ
Img_8457

獲物を探しながら綺麗な緑の田圃の上を飛ぶチョウゲンボウ
Img_8185_2

ゆっくりモードで牛舎に帰るウシ 午後の田園風景
Img_7426

| | コメント (14)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »