« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月26日 (日)

今日の田圃

雨が上がり爽やかな天気になった。
昨日、田圃にハイイロヒレアシシギが入り、シマアジやトモエガモがまだ居たと聞き朝出かけたが、着く前にトモエガモが居ただけで他は抜けてしまったようだ。他へ探しに行こうとしていたらチュウシャクシギが多数飛んできたと聞きそちらの田圃へいくと16羽の群れを確認。大きなザリガニなどを獲っていた。また、同じ田圃にアオアシシギが1羽休んでいたし、別の場所では約100羽ほどのムナグロも居た。MFの田圃にも渡り途中のシギチがいろいろ入ってきて、これからが楽しみになってきた。
すでに田植えを始めたところもあります、田圃では農家の車が優先です。

色は地味だが綺麗な羽模様を披露する チュウシャクシギ
Img_0963_5

毎年渡り途中に立ち寄ってくれる チュウシャクシギ
Img_0966_2

大きなザリガニを捕まえた チュウシャクシギ
Img_0979

捕ってはみたもの食べ難いのか苦労していたチュウシャクシギ
Img_0982

後ろからですが青空を飛ぶ16羽の中の12羽 チュウシャクシギ
Img_1044

畔にポツンと1羽で居た アオアシシギ
Img_1061

渡ってきたばかりなのかよく座っていたアオアシシギ
Img_1071

畔の草花の前で伸びをする ムナグロ
Img_2181

| | コメント (14)

2009年4月21日 (火)

田圃のシマアジ

昨日、田圃にシマアジのペアが居ると連絡をもらい出かけた。着くと今迄近くに居たが飛んでしまったという。その後、近くで友達が見つける。耕された田圃は所々に水が張ってあり、その一枚に♂♀の綺麗な夏羽のシマアジが泳いでいた。秋に見るシマアジは♂でも♀のような地味な羽色をしているが、春先の個体は白いハッキリした眉がよく目立つ。どんよりとした曇り空でおまけに少し距離があり遠かったので、良い色が出なかったがMFでのシマアジを満喫した。

畔の側で夏羽の♂と♀が泳いでいた シマアジ
Img_0551

白くて太いくてなが~い眉斑が目立つシマアジ♂
Img_0570

畔に咲く花が見守るなかペアで仲良く泳ぐシマアジ
Img_0572

♂♀揃ってのご挨拶?正面顔のシマアジ
Img_0580

畔に上がって草をむしって食べていた シマアジ♂
Img_0686

| | コメント (8)

2009年4月20日 (月)

コマドリも来た

4月19日、
暖かな日が続く。
あちこちからオオルリやキビタキ、ツツドリなど夏鳥の情報が入ってくるようになった。平地にも渡り途中の小鳥たちが一時の休憩に立ち寄っているようだ。此処にも数日前からコマドリが3羽ほど入ってきて、朝早くから「ヒンカラララ」と朗らかな声で囀っているがなかなか姿を見せない。しかし、昨日から少しずつ見られて、今日は朝から良く出るようになった。昨年は来なかったが今年は複数羽が立ち寄って楽しませてくれた。流石にコマドリは人気があり、ギャラリーも増えてきた。

平地で会えるのは嬉しい 声も良し、姿も綺麗な コマドリ
Img_0393

初めは藪の中から様子を伺っていた コマドリ
Img_0297

用心深く少しづつ明るいところに出てきた コマドリ
Img_0334_2

2,3日の短い滞在だが 後姿も綺麗な コマドリ
Img_0353

たまに来ない年もあるがほぼ毎年立ち寄ってくれるコマドリ
Img_0455

朝からよく鳴いていた ポーズをとる コマドリ
Img_0444_2

| | コメント (8)

2009年4月17日 (金)

夏鳥のヤブサメ

4月16日、
昨日の朝、歩いていたら、ヤブサメの声が聞こえてきたので、暫らく探したが姿が見えなかった。今朝まだ居るかなと思って行ってみたら暗い藪の中で鳴いていた。先に来ていた知り合いが反対側に出ているよという。これからの時期、山へ行くと「シシシシ」と虫のようなヤブサメの声をよく聞くが姿はなかなか見る事が出来ない。ここでの滞在は短いが渡りの途中に毎年寄ってくれるので会うのを楽しみにしている。

今年もやって来て藪で鳴いていたがやっと出てきたヤブサメ
Img_0042_2

一直線に伸びた眉斑が凛々しい ヤブサメ
Img_9939_2

目立つ眉斑と短い尾が可愛い ヤブサメ
Img_9998

暗くて小枝の多い藪ではリラックスして羽繕いしてたヤブサメ
Img_9985

警戒心が強く直ぐに藪に入ってしまうヤブサメ
1img_0099

| | コメント (8)

2009年4月12日 (日)

まだ居たトラツグミ

ここ数日、5月ごろの陽気が続き急に汗ばむようになった。
朝、彩湖の上空で数羽のカラスに絡まれながらひらひらと飛んでいるコミミズクを見た。遠くて写真には撮れなかったが、今年も近くには来ていたようだ。午後になって近くの公園を自転車で走っていて、ふっと見た林床にトラツグミが枯葉をひっくり返して餌さを食べていた。もう、移動して居ないかと思っていたので得した気分になった。 夢中で餌さを探しているので警戒心が薄く、この時期になって近くでしっかり観察することが出来た。

そろそろ山に帰る準備をしている トラツグミ
Img_9693_2

また、来シーズンも元気な姿を見せて欲しい トラツグミ
Img_9773

餌さ捕りの途中で伸びをする トラツグミ
Img_9768

穏やかな陽気に眠くなったのか目を細めるトラツグミ
Img_9761

枝が邪魔ですが、近くの木にとまったトラツグミ
Img_9841

彩湖で今が旬のサクラソウとモズ
Img_9631

| | コメント (12)

2009年4月 5日 (日)

春のアオゲラ

この土日は何処もお花見で大賑わい。
今朝は満開の桜の下を自転車で走っていたら近くの林から「ピョー ピョー」とアオゲラの声が聞こえてきた。すぐに声のした方へ行ってみると樹液の染み出ている木にアオゲラの♀がとまっていた。暫らく観察していると近くに♂も飛んできた。別々に暮らしていた鳥たちもペアリングの季節を迎えている。日本固有種のアオゲラも以前は神社や屋敷林、公園などでよく見られたが、最近は数も少なくなっているように思う。

モヒカン刈りのような赤い頭がオシャレな♂のアオゲラ
Img_9292_2

柔らかそうな青葉と同じ色をした アオゲラ♀
Img_9226

幹から流れ出る樹液を呑んでいた アオゲラ♀
Img_9386

幹の割れ目から餌さを捕っていた アオゲラ
Img_9222

先日行った里山では、斜面を埋め尽くしたカタクリの群落が、道端にはスミレやニリンソウなどの野草がたくさん咲いていた。

まだ完全に開ききらない風車のようなカタクリの花
Img_9003

時間が経って完全に開いた カタクリ
Img_8975

これも開きかけた タカオスミレ
Img_8801

せせらぎの斜面にたくさん咲いていたニリンソウ
Img_8762

| | コメント (16)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »