« 初冬の猛禽たち | トップページ | 12月中旬 »

2008年12月11日 (木)

白いコクマルガラス

12月10日、
今日は気温が高くポカポカ陽気となった。
コクマルガラスを良く観察しているSさんから淡色型のコクマルガラスが20羽近く居ると聞き「えっ、20羽も!」と直ぐに出かける。現地に着くと200羽超のミヤマガラスの中に黒色型と白色型が乾燥した田圃で餌さを啄ばんでいた。地上に降りている時は非常に警戒心が強く何かに驚いて直ぐに大きな群れで飛び立ちケヤキの木にとまったり、場所を移動したりしていた。毎年淡色型のコクマルガラスは見ているがミヤマガラスの群れの中に数羽が混じるのみで20数羽も近場で見たのは初めてだ。以前は1羽居ても珍しかったのに今季の多さには驚いた、これから年々増えてくるのだろうか。

木にとまっていると警戒心が地上ほどでないコクマルガラス
Img_1966

枝がゴチャゴチャしていても白黒が目立つコクマルガラス
Img_2296

ケヤキの木から飛び出した淡色型のコクマルガラス
Img_2281

飛んでいてもすぐわかる暗色型と淡色型のコクマルガラス
Img_2409_2

ミヤマガラスと一緒に柿の木にとまる白いコクマルガラス
Img_2151

柿を食べにきたのは1羽だけの白いコクマルガラス
Img_2126

ここでは8羽ぐらいが集まっていたコクマルガラス 淡色型
Img_2216

全部は入らないが12羽写ってる白マルのコクマルガラス
Img_2377

|

« 初冬の猛禽たち | トップページ | 12月中旬 »

コメント

ロビンさん こんばんは、
そうですね、この群れは最近見つかったようです。
他でも少数白マルが居る群れが居るようです。
今季は多いですね。

投稿: moto8 | 2008年12月14日 (日) 20時56分

凄い数ですね!
白マルが20羽も何処から来たのでしょうね。
年々、越冬地が北に広がっているような気がします。

投稿: ロビン | 2008年12月14日 (日) 19時51分

mtana2さん こんばんは、
少しバラけて数は少なくなったようですが見られてますよ。
m2さんは割りと運が良い方ではないですか。
トンボや蝶でもダメそうで結果オーライの時が多いようですね。

投稿: moto8 | 2008年12月14日 (日) 19時29分

シロマルが20もですか、すごいですね~。
運が左右しますか、そういうの弱いんですよね~。
Sさんを頼らねば・・・。

投稿: mtana2 | 2008年12月14日 (日) 10時43分

あんさん こんにちは、
カササギですか!
あまり見たことがないので思い出せませんでしたが、
そう云われてみると確かに似ているかも知れませんね。
ふるさとを思い出す鳥ですね。

投稿: moto8 | 2008年12月14日 (日) 10時04分

枝に止まった淡色型のコクマルガラスを見て、カササギと似ていることを新発見です!
田舎でカササギが普通に見られる環境だったので、
これは懐かしいとも思える写真ですhappy01

投稿: あん | 2008年12月14日 (日) 08時00分

ヘムレンさん こんばんは、
見られて良かったですね!
確かにハシボソガラスに比べたら小さくて可愛いですね。
白色型は余り増え過ぎないほう良いかもしれません。
少ない方が稀少価値がありますよね。

投稿: moto8 | 2008年12月13日 (土) 22時03分

今日見てきました(^^)。
20羽は残念ながら見れませんでしたが、10羽以上入っていると、目立ちますね~。。
さかんに可愛らしい声で鳴いていました。声だけ聞いても、カラスとは思えませんね。ありがとうございました。

投稿: ヘムレン | 2008年12月13日 (土) 19時58分

chochoensisさん おはようございます。
地上に降りている時は警戒心が強くて寄れませんが、高いところに居る時は結構寄れます。
人間が上がってこられないのを知っているんですね。

投稿: moto8 | 2008年12月13日 (土) 07時02分

tokiさん おはようございます。
広い田圃に居ればあれだけの大きな群れはすぐ分ると思いますが、それともかなり遠くへ・・・
そうですね、空からなら見つけやすいですね。

投稿: moto8 | 2008年12月13日 (土) 06時58分

moto8さん、=コクマル淡色型=の飛翔写真!素晴らしいですね・・・それにしても20羽を越えるとは・・・おどろきました!!!

投稿: chochoensis | 2008年12月13日 (土) 06時43分

今日はどこに行ったんでしょうね。
不思議なカラスさんたちです。
空から観察する分かりやすそう。

投稿: toki | 2008年12月12日 (金) 23時41分

birdland7さん こんばんは、
ケヤキの木や柿の木がある良いところに居てくれました。
田圃に降りているときはなかなか近づけません。
ラッキーでした。

投稿: moto8 | 2008年12月12日 (金) 22時11分

淡色型のコクマルがたくさんで、しかも柿の木にニヤマガラスと一緒になんて凄いですね。
なかなかこういう場面に出会わないと思うのですが、流石ですね!

投稿: birdland7 | 2008年12月12日 (金) 21時18分

ジダンさん こんばんは、
20羽も、関東じゃあまり聞いた事がありません。
数日後には群れがバラけたり、かなり遠くに移動したりするようです。この日はたまたま木どまりが撮れました。

投稿: moto8 | 2008年12月12日 (金) 17時32分

白マル20羽とは凄いですね。
電線止まりでないコクマルって新鮮に見えます。
この週末行こうかな・・・なんて思ってます。
今年の冬鳥は面白くなってきましたね。

投稿: ジダン | 2008年12月12日 (金) 08時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初冬の猛禽たち | トップページ | 12月中旬 »