« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月28日 (日)

小さな鳥たち

昨日、朝はかなりの冷え込みとなり、前日からの強い風がまだ吹いていたが、MFの森の中はわりと風の影響は受けない。人影も少なく静かな道を歩いていると直ぐ脇の藪に小さいキクイタダキ数羽が忙しげに枝から枝へ移動していた。相変わらず動きが早く撮り難い。その後、奥の道でハンノキの高い枝に黄色い小鳥が飛んできた、マヒワだ! 5、6羽の小さな群れが実を啄ばんでいた。今季はシーズン初めに群れを見た人が居ると聞いていたが、その後はまったく見られなかった。これから居ついてくれると嬉しいのだが。その他エナガの群れも居た。この日は動きの早い小さな鳥たち3種に会えたのでUPします。

毎回早い動きについていくのが大変なキクイタダキ
Img_4177

今季も少数が越冬している キクイタダキ
Img_4271

後ろからだと頭頂の黄色い線がよく見える キクイタダキ
Img_4273

今季は初めて会えた黄色い マヒワ
Img_4385

ハンノキの実を食べに来た マヒワ
Img_4395

5羽ぐらいの群れだった 少し色の薄いマヒワ
Img_4373

カラ類の混群で目の前の針葉樹に来ていたエナガ
Img_4080

| | コメント (14)

2008年12月25日 (木)

赤い嘴のカワアイサ

寒波襲来、明日以降関東も大分寒くなるという。
毎年カワアイサが来ていたけど今年はどうかなと思い出かけてみた。現地に着くとカモの群れの中で一回り大きな身体のカワアイサが目立っていた。よく潜って移動していたが一回も餌さを捕った姿は見られなかった。カモと一緒なので人なれしているのか、すぐ近くまでやって来る。また、別の水辺では4羽のミコアイサも泳いでいた。

直ぐ近くまで来たので全身が入らなかったカワアイサ
Img_3720

赤い嘴と緑色光沢の頭が綺麗なカワアイサ♂
Img_3693

光線の加減で頭の色が変わるカワアイサ
Img_3737

餌さ捕りに頭から潜る瞬間 「頭隠して尻隠さず」 カワアイサ
Img_3665

わりと近くに泳いできた まだ白さが足りないミコアイサ
Img_3794

3羽しか写ってないが♂3羽、♀1羽が休んでいたミコアイサ
Img_3763

いつも一緒 仲の良かったヒドリガモ
Img_9634

| | コメント (12)

2008年12月21日 (日)

最近の森と

今年も残すところ10日あまりとなった。
最近の森はこれといっていつもと変わりないが、先日、イカルが10羽ほど入ってきて今季はとても多いシメの群れと一緒に行動しハンの木の実を食べていた。その他は警戒心の強いカケスやビンズイとキクイタダキ、アカゲラ、アトリ、アオジ、カシラダカ、ルリビタキ♀などが見られた。

たくさんのシメの群れと行動していた太い黄色い嘴のイカル
Img_3437

たくさん成っているハンの木の実を食べるイカル
Img_3470

警戒心が強くてやっと撮れた一枚 カケス
Img_3234

落ち葉の上で餌さを捕っていたビンズイ
Img_3543

木の枝で尾をピクピク動かしていたビンズイ
Img_3558

他の森でも少数が来ている小さなキクイタダキ
Img_2779

先日、コクマルガラスを見にいった近くの田圃ではニュウナイスズメの200羽ぐらいの群れも見られた。地上に降りたり、急に一斉に羽音を立てて近くの電線に飛び移っていた。

電線どまりですが、栗色が綺麗なニュウナイスズメ♂
Img_1048

白い舞台?(実はビニールハウス)の前を飛ぶニュウナイスズメ
Img_1094

公園でたくさん咲いていた ガーデンシクラメン
Img_3536

| | コメント (15)

2008年12月18日 (木)

田圃の猛禽

雨もやんで気温も上がり暖かな日となった。
広い田圃を車で走っていたら地上に猛禽が降りていた。初め遠くから見たらオオタカかなと思ったが少し近づいてよく見たらチュウヒだった。暫らくしてもう1羽が飛んで来て一緒に飛び上がった。飛んでいる姿は下面が白く、上面も灰色味があり、大陸型と思われるとても綺麗なチュウヒだった。コチョウゲンボウも電線にとまって居て直ぐに飛んでしまったが、思わぬ出会いがあり、冬の田圃は面白い。

田圃の真ん中辺りに降りていた チュウヒ
Img_3117

黄色に光る鋭い目で周囲を警戒する チュウヒ
Img_3118

上面の灰色の模様と尾も灰色でとても綺麗な チュウヒ
Img_3139

下面が白くて青空に映える チュウヒ
Img_3196

餌さを見つけたか反転して降下する チュウヒ
Img_3165

近くを飛んで行った茶色い羽色の別のチュウヒ
Img_6460

電線にとまっていたが直ぐに飛んでしまったコチョウゲンボウ
Mg_3212_2

土手際の低木にとまっていた チョウゲンボウ
Img_0338

| | コメント (14)

2008年12月14日 (日)

12月中旬

12月13日、
暖かい日が続いたが、これからは寒くなるという。
もう12月も中旬となったが最近のMFはシメやツグミ、アカゲラ、アオジなどが居るがあまり代わり映えがしない。人の姿もまばらで静かな森である。湖もヨシガモやベニマシコが見られるが、カモの数が少ない。今日は他の場所で越冬しに来ていたミソサザイなどを撮ったのでUPします。

越冬しに平地に降りてきたミソサザイ
Img_2751

尾をピンと直角に上げて はいポーズのミソサザイ
Img_2761

警戒したのか何かを狙っているのか身を低くしたミソサザイ
Img_2889

飛び立ち寸前の姿勢をしたミソサザイ
Img_2763

すぐ近くの枯れ木の上に飛んできたアカゲラ
Img_1722

頭の緑色光沢がとても綺麗なヨシガモ
Img_1158

水しぶきを派手に上げて水浴びを始めた ヨシガモ
Img_1346

| | コメント (10)

2008年12月11日 (木)

白いコクマルガラス

12月10日、
今日は気温が高くポカポカ陽気となった。
コクマルガラスを良く観察しているSさんから淡色型のコクマルガラスが20羽近く居ると聞き「えっ、20羽も!」と直ぐに出かける。現地に着くと200羽超のミヤマガラスの中に黒色型と白色型が乾燥した田圃で餌さを啄ばんでいた。地上に降りている時は非常に警戒心が強く何かに驚いて直ぐに大きな群れで飛び立ちケヤキの木にとまったり、場所を移動したりしていた。毎年淡色型のコクマルガラスは見ているがミヤマガラスの群れの中に数羽が混じるのみで20数羽も近場で見たのは初めてだ。以前は1羽居ても珍しかったのに今季の多さには驚いた、これから年々増えてくるのだろうか。

木にとまっていると警戒心が地上ほどでないコクマルガラス
Img_1966

枝がゴチャゴチャしていても白黒が目立つコクマルガラス
Img_2296

ケヤキの木から飛び出した淡色型のコクマルガラス
Img_2281

飛んでいてもすぐわかる暗色型と淡色型のコクマルガラス
Img_2409_2

ミヤマガラスと一緒に柿の木にとまる白いコクマルガラス
Img_2151

柿を食べにきたのは1羽だけの白いコクマルガラス
Img_2126

ここでは8羽ぐらいが集まっていたコクマルガラス 淡色型
Img_2216

全部は入らないが12羽写ってる白マルのコクマルガラス
Img_2377

| | コメント (16)

2008年12月 7日 (日)

初冬の猛禽たち

朝は冷え込んだが風が弱かったのでそれほど寒くは感じなかった。広大な葦原では前日にハイイロチュウヒが5羽も同時に見られたというので見てみたくなり出かけた。今季は数回行っているがあまり良い写真は撮れていない。今日は2羽がわりと早く戻ってきて、薄暗くなってから飛んできた個体が1羽と3羽が見られたが、数羽が乱舞する姿は見られず、昨日が良かったという話ばかりを聞かされた。相変わらずボケ写真ばかりだが、この灰色のタカは何度見ても又来たくなる魅力を持っている。

茜色に染まってきた空を飛ぶハイイロチュウヒ
Img_1846

遠くても灰色の姿はよく目立つハイイロチュウヒ
Img_1813

葦原の上を低く飛んできたハイイロチュウヒ
Img_1516

青い空を悠然と飛ぶハイタカ
Img_1245

スピードを上げてみるみるうち飛び去ったハイタカ
Img_1246

電線の上に2羽が仲良くとまっていたノスリ
Img_1761

スピードが出そうな尖った翼のチョウゲンボウ
Img_0196

夕日に赤く染まって飛んでいた淡色型のコクマルガラス
Img_1500

空気が澄んでいるので田圃の土手から雪を被った山々がよく見え、遠くに噴煙をたなびかせる浅間山も見えた
Img_1732

| | コメント (16)

2008年12月 4日 (木)

彩湖周辺

ここ数日は暖かい日が続く。
最近の彩湖周辺ではベニマシコが見られるが、赤い♂がなかなか良いところには出て来てくれない。今日は♂が出ているというので行ってみると「フィ、フィ」と鳴きながらわりと近くにとまってくれた。冬羽でも結構赤いので人気がある。湖面では相変わらずカモの数は少ないが種類はそこそこ居て、ヨシガモも入ってきたし、少し遠かったがホオジロガモが2羽泳いでいた。ここでは数少ないカモである。上空にはオオタカやチョウゲンボウが飛んでいた。以前はオオタカやノスリ、チョウゲンボウなどが必ず見られたが、近年はとても少なくなりたまにしか見られなくなった。

草が込み入っているが近くに来た赤いベニマシコ♂
Img_1375

赤い身体と赤い顔、それに小さな嘴のベニマシコ
Img_1372

ノイバラの赤い実の中で ベニマシコ
Img_1418

いつも2羽で行動していた ホオジロガモ
Img_0505

ここでは毎年1羽か2羽しか越冬しないホオジロガモ
Img_0500

湖の真ん中辺りを泳いでいたので遠いヨシガモ
Img_0231_2

毎年少数がやってくる 赤い目が目立つハジロカイツブリ
Img_0518

飛翔姿のオオバン
Img_0292

| | コメント (8)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »