« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月30日 (日)

オジロビタキ

11月29日、
ここ数日は青空が広がる。Kさんからオジロビタキが出ていると聞き出かけた。今季初のオジロビタキは明るい林を右に左に飛び回り、ときどき地上に降りては餌さを捕って枝に飛び移るがじっとしている時間が短いので、余り良い写真は撮れなかったが、可愛い大きな瞳で楽しませてくれた。ここを気に入って越冬してくれると嬉しいのだが。

はるばるやって来た大きな黒い瞳が可愛い オジロビタキ
Img_0616

「ジッ、ジッ」と地鳴きをしていた オジロビタキ
Img_0641

直ぐ近くに来たが柳の小枝がうるさい オジロビタキ
Img_0581

紅葉した木々の中がよく似合う オジロビタキ
Img_0680

紅葉の明るい林を飛び廻っていた オジロビタキ
Img_0814

| | コメント (14)

2008年11月27日 (木)

11月の田圃

11月26日、
明け方まで降っていた雨も上がり、スッキリとした青空が広がる。あまり遠くへ行く気になれなかったので、MF周辺を廻ってみた。田圃では60羽ぐらいのタゲリが飛び、澄んだ空にはときどきオオタカやチョウゲンボウなどの猛禽が舞い、葦原では少し前まで煩いほどよく鳴きながら垂直に空へ舞い上がっていたセッカが静かに草にとまっていたり、越冬しに来たホオアカやタヒバリ、カシラダカ、ホオジロなどが飛び廻る、枯葉色に染まった田圃でした。

青空のもとヒラヒラと60羽ぐらいの群れで飛ぶタゲリ
Img_8683

田圃の上を旋回して頭上を通過して行く タゲリ
Img_8668

今の時期は静かにセイタカアワダチソウにとまってたセッカ
Img_0366

アワダチソウの上で丸くなっていたのでアップで セッカ
Img_0358

田圃の畔に降りて餌を探していたホオアカ
Img_0370

高原などから越冬しにやって来たホオアカ
Img_0382

草の先にとまる名前のとうり赤い頬が可愛いホオアカ
Img_0397

| | コメント (12)

2008年11月23日 (日)

今週の鳥たち

北の国からは雪の便りが聞こえてくるが、関東周辺も朝晩はかなり寒くなった。広い葦原ではチュウヒやノスリ、チョウゲンボウなどの猛禽が青く澄んだ広い空を飛び回っている。今回は水辺のマガンや森で会ったエナガと最近撮った鳥たちを載せてみます。

頭の上を飛んでいった大きなミサゴ
Img_9450


数羽が飛んでいたが、なかでも綺麗な個体のチュウヒ
Img_9359


3羽が空中で絡みながら飛んでいたチュウヒ
Img_9355

水辺では北からやって来たマガンやハクチョウ、カモなどの水鳥が増えてきた。ここでは普通は群れで居るマガンがはぐれたのか1羽でヒドリガモの群れと一緒に行動していた。

10月にやって来たがここで越冬するのかな マガンの幼鳥
Img_9651

森でも今季はたくさんのアトリの群れが見られ、マヒワやシメやツグミ、シロハラ、アカハラなどの冬鳥が揃ってきた、小柄なエナガも「ジュリリ、ジュリリ」と鳴きながら赤く染まった木々の間を元気に飛び廻っていた。

木の実を咥えてやって来たエナガ
Img_0087

10数羽の群れで行動していたエナガ
Img_0089

紅葉したメタセコイヤの木をバックに エナガ
Img_0091

| | コメント (16)

2008年11月19日 (水)

綺麗な青い鳥

朝は冷え込んだが快晴となった。
イチョウの葉も眩しいほどの黄色に染まり、紅葉の木々と色とりどりの光景が見られるようになった。MFの森を歩いていると3人のカメラマンがレンズを向けていた、その先を見たらルリビタキの♂が低木の枝にとまっていた。♀タイプは10日ほど前に見ているが♂は今季初だし、久しぶりに見たのはとても綺麗な個体だった。

MFの森と今日の空
Img_9920

紅色のガクが美しいクサギの実と青いルリビタキ
Photo

ここでは冬鳥として山からやって来る綺麗なルリビタキ♂
Img_9835

地上に降りて枯葉の間で餌さを探していたルリビタキ
Img_9822

クサギの木や周辺の低木にとまりサービス満点のルリビタキ
Img_9862

このままここで越冬して欲しいルリビタキ
Img_9882

| | コメント (14)

2008年11月15日 (土)

ムラサキサギ

11月14日、
ムラサキサギが出ていると聞き出かける。以前に南西諸島で見ているが近場で見られることは少ないし、久しぶりのご対面となった。この日は現地着が遅くなってしまい数回しか飛んでくれず、おまけに短距離の飛翔で、草地に降りてしまうと草が深くまるで見えない。その結果ボケ写真ばかりとなってしまったので、今日リベンジに出かけた。昨日も遠くの方しか飛ばなかったが、今日も約100mぐらいの距離はあった、しかし大きいので証拠写真ぐらいには撮れた。

なが~い首を伸ばして飛ぶ ムラサキサギ
Img_9504

何処から来たのか ムラサキサギ
Img_9476

余り長い距離は飛ばなかったムラサキサギ
Img_9473

右に行ったり左に行ったりしていた ムラサキサギ
Img_9512

大きくトリミングしてみました、破れ傘のようなムラサキサギ
Img_9505

| | コメント (16)

2008年11月13日 (木)

黄葉とアトリ

今日は朝から青空が広がり、気温も平年並みとなった。
久しぶりの晴天なのでMFの森へでかける。着くと朝早いKさんがマヒワの群れが居たというのでハンの木のそばで暫らく待ったが何処を廻っているのかマヒワはやって来ない。そのうち、写真家のTさんとクラブのTさんも来ておしゃべりモードになり、Tプロが実家から持ってきたという柿を貰う。小粒だが甘くて美味しかった。それからTさんともう一度と森に戻り始めたら小鳥の群れが飛んできてケヤキの木にとまった。双眼鏡で見ると約30羽ほどのアトリの群れだった。黄色く染まったケヤキの実を食べたり下の池の端に降りて水を飲んでいた。シメやツグミ、ハイタカも飛び、トラツグミやアリスイ、ルリビタキ、ヤマシギなどを見た人も居る。いよいよ冬鳥がいろいろ入ってきたようだ。

黄葉になったカエデの木に群れで飛んで来たアトリ
Img_9186_3

約30羽ほどの群れで行動していた アトリ
1atoriimg_9190

黄褐色に染まったケヤキの葉と似ている色の アトリ
Img_9196

 ケヤキの実を食べているようだった アトリ
Img_9273

パラパラと池の端に降り水を飲みはじめた アトリ
Img_9088

シメやツグミもやって来てゴチャゴチャの水呑み場 アトリ
Img_9119

アトリ

| | コメント (14)

2008年11月 9日 (日)

今日の彩湖

朝からどんよりと厚い雲に覆われ今にも雨粒が落ちてきそうな肌寒い天気になった。MFの森は鳥影が少なかったので久しぶりに彩湖を廻ってみた。先ず白っぽいのでよく目立つカンムリカイツブリが十数羽入っていた。それから毎年増えているように思われるオオバンがあちこちにいる。さらに進むと1羽のミミカイツブリが盛んに潜っては餌さ捕りをしていた。毎年見られるがここでは数少ない水鳥だ。カモは少ないがヒドリガモやホシハジロ、コガモ、ハシビロガモ、オカヨシガモ、マガモなどで、ヨシガモやベニマシコが来ていないか期待したが見られなかった。

今季も日増しに増えてきたオオバン
Img_8715_2

ここではこれから数がもっと多くなるカンムリカイツブリ
Img_8858

これから春先まで見られるカンムリカイツブリ
Img_8845

彩湖では数が少ないミミカイツブリ
Img_8786

水面に伸び上がりジャンプして潜ろうとする ミミカイツブリ
Img_8772

ジャンプして頭から水に潜った瞬間、ミミカイツブリ
Img_8796

薄暗い天気なので色が出ないが湖畔に居たジョウビタキ
Img_8869

湖畔の木々も色づいてきた 彩湖の紅葉
Img_8750

本日、秋が瀬野鳥クラブの第4回写真展を盛況のうちに終了いたしました。多勢の方々にご来場頂きありがとうございました。

| | コメント (12)

2008年11月 6日 (木)

久々のMF

10月5日、
最近、朝晩は冷え込むが、昼間は暖かくなり寒暖の差が激しい。
久しぶりのMFの森でクロジを撮った。毎年数羽がやってくるが、今の所は♂の個体が1羽だけ見られる。また小さなキクイタダキも数羽がメジロの群れと一緒に飛び廻っていた。他にはアオジやヤマガラ、アカゲラ、カケス、シメ、そしてトラツグミやマヒワ、アトリ、アリスイなどを見た人も居る。11月に入り冬鳥も大分増えてきたようだ。

毎年いつもの場所にやって来る クロジ
Img_8655_2

藪や暗い林の中に居ることが多い灰黒色のクロジ
Img_8648

MFには越冬しにやって来る アオジ
Img_8612

まだ、藪の中で行動していることが多いアオジ
Img_8586

頭頂の黄色が見えませんが ノイバラの中のキクイタダキ
Img_8639

他の場所で撮った、今年は多そうなジョウビタキ
Img_7662

| | コメント (10)

2008年11月 2日 (日)

08.秋の遠征完

早くも最終日となってしまった。今日は天候も比較的落ち着いている。15羽ぐらいのイスカの群れが飛びまわり、ハヤブサやハイタカも朝早くから飛び廻っている。松林にはオジロビタキも数羽入っていた。

松林で尾を上げ下げするいつものポーズのオジロビタキ
Img_8379

「ジッ、ジッ」と鳴きながら移動していたオジロビタキ
Img_8389

眉斑と喉の黄色が鮮やかなミヤマホオジロ♂
Img_8263

こちらは地味なミヤマホオジロ
Img_8265

盛んにグミの実を食べていたウソ♀
Img_8261

名残惜しいキアオジを再度撮っていると、海岸にヨーロッパビンズイが居るとの連絡があり駆けつける。数羽のタヒバリやビンズイに混じって岩や打ち上げられた海草の間に居たが、非常に警戒心が強く、直ぐに飛んでしまい余り近づけなかった。昼食後雨がポツポツ降ってきたので早めに切りあげて帰り仕度をする。そして船の出る間際に近くの草地で今回初めてのベニヒワを見ることが出来た。

少し遠いですが岩でポーズをとったヨーロッパビンズイ ?
Img_8548

下に餌さでもあるのかジッと見つめるヨーロッパビンズイ ?
Img_8563

後ろからですが真っ青な空と真っ赤なイスカ
Img_8361

めまぐるしく変わる天候に翻弄され、重たいカメラを担いでよく走ったので鈍った足腰が少し痛くなったが、キアオジを初めいろいろ見られ、全員大満足での遠征でした。
同行された皆さん有難う御座いました。

| | コメント (22)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »