« 涼を求めて 1 | トップページ | もうじき一人前 »

2008年7月22日 (火)

涼を求めて 2

今日は別の山へ。途中の尾根筋で良い声で鳴き交わしている鳥が居るので探したら木の天辺で囀っていたのはルリビタキだった。夏のルリビタキに会うのは久しぶりだ。森林帯からガレ場を登り第一のピークへ、ここでもホシガラスに会ったが遠かった。そこから第二のピークへ登り降りを繰り返しながら向かう。途中の谷間から吹いてくる冷たい風が心地よかった。朝のうち青空が出ていたが、だんだんと雲が多くなりガスってきたので、早めに降りた高原ではノビタキやビンズイが囀り遠くにカッコウの声も聞こえた。

尾根の岩陰に咲いていた白い花ウスユキソウ
Img_2489_3

木の天辺に居たルリビタキ
Img_2174_4

良い声でさえずるルリビタキ
Img_2175_6

♂と♀が飛び廻っていたノビタキ
Img_2340_3

飛び出す瞬間、面白い格好のノビタキ
Nobitakiimg_2350_3

ガスってきた高原で ビンズイ
Img_2513_3

アザミで吸蜜するギンボシヒョウモン?
Img_2292_3


|

« 涼を求めて 1 | トップページ | もうじき一人前 »

コメント

fpbirdさん こんばんは、
高原での鳥見は最高ですが、
そう、何回もいけません。
たまに行くから良いのかもしれませんね。

投稿: moto8 | 2008年7月25日 (金) 18時46分

birdland7さん こんばんは、
今日も下界は暑かったですね!
ルリビタキは結構居ました。
出来ることなら涼しい高原へ1ヶ月ぐらい行ってみたいです。

投稿: moto8 | 2008年7月25日 (金) 18時42分

涼しいところでの鳥見。
そういうところでないと、この時期、鳥も少ないし、自分も切ないし。。。
近々いけたらいいのですが。。。

投稿: fpbird | 2008年7月25日 (金) 14時40分

この時期のルリビタキはやはり高原や高い山に行かないと見れませんよね。ビンズイやノビタキ、高原の良い雰囲気が出ていて綺麗ですね。アザミにギンボシヒョウモンも高原ならではですね。ますます涼を求めて高いところへ行きたくなってきました(^^)

投稿: birdland7 | 2008年7月24日 (木) 22時20分

あんさん こんばんは、
文章から多分あんさんだろうなと思っていましたよ。
有難うございます。

投稿: moto8 | 2008年7月23日 (水) 22時12分

ヘムレンさん こんばんは、
ルリビタキは少し森林帯を登った辺りで結構鳴いてましたが、姿を見たのはこの1羽だけでした。
カオジロトンボも撮りましたよ。
久しぶりに登ったので足がパンパンです。

投稿: moto8 | 2008年7月23日 (水) 22時09分

chochoensisさん こんばんは、
ホシガラスは姿は良いですが、
鳴き声はやっぱしカラスに似てます。
イワツバメは繁殖が終わって子供がたくさん居ました。

投稿: moto8 | 2008年7月23日 (水) 22時03分

moto8さん 名前書くの忘れていました。coldsweats01

投稿: あん | 2008年7月23日 (水) 20時54分

やっぱり逃げたんですね(^^;)あはは。。
山男に久々に戻っていましたか。
ほんとに気持ちがいいですよね。
ルリビタキもいたんですね。。見たかったなあ~。。
高原で、なかなか出会えないですね。
ノビタキもけっこういたんですね。。あの若しか気づきませんでした。ガスの奥から聞こえたホシガラスとアカハラの声は、なんとも神秘的でした(^^)

投稿: ヘムレン | 2008年7月23日 (水) 20時46分

moto8さん、=ホシガラス=しばらく見てないですが好きな鳥です・・・はじめてみたときにはこんな模様の素敵な鳥が居るんだと感激しました・・・。ツバメの成る樹・・・面白いな!

投稿: chochoensis | 2008年7月23日 (水) 19時12分

名前がわかりませんが、こんばんは、
そうですね、今回もいろんな鳥の声が聞こえましたが、
葉が混みあって、姿が見えない事が多かったです。
山の空気は美味いです。

投稿: moto8 | 2008年7月23日 (水) 19時01分

空に向かって囀っている鳥たちの姿は、
スカッとしていますね!!
山へ行くと、声は聞こえても、ナカナカ見つけ切れません。たまに、ホオジロが木の上に居たりして。
それも嬉しいです。
山は良いですネェ\happy01

投稿: | 2008年7月23日 (水) 08時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 涼を求めて 1 | トップページ | もうじき一人前 »