« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月30日 (水)

神社の林

先日、行った神社の林では今年もやって来たアオバズクの雛が巣立ち、すでに2週間あまりが経っているので、親鳥と幼鳥3羽が木の高いところで休んでいた。子供はまん丸の金色の目で愛嬌があり甘えたり大きく伸びをしたりしてよく動き、その可愛い姿はいつ見ても厭きない。

高いところに右が親と左が子供がとまっていたアオバズク
Img_7661_2

兄弟同士で末っ子が甘えているように見えるアオバズク
Img_7680

羽繕いのあと大きく伸びをしたアオバズクの幼鳥
Img_7701

1羽が伸びをしたら下に居た子も真似て伸びしたアオバズク
Img_7703

笹につかまってトロンとした目をしてるのはアマガエル?
Img_7566

飛んでいたが近くの枝の先にとまってくれたウチワヤンマ
Img_7915

| | コメント (14)

2008年7月26日 (土)

もうじき一人前

毎年、楽しませてくれるツミ、今年も幼鳥が5羽巣立ちし約一ヶ月、すでに3羽は自分で餌さを獲れるようになったのだろう、ここを離れ姿を見せなくなった。残った2羽ももう直ぐにここを出て行くだろう。毎年やって来て繁殖し4,5羽の幼鳥が巣立って行くが果たして無事に成鳥になるまで育つのは何羽なのだろう、出来れば全部が立派な親に育って欲しい。

こんなに大きくなりました もう少しで一人前 ツミの幼鳥
Img_2053

涼しそうなせせらぎに降りたツミの幼鳥
Img_7444

気持ち良さそうに水浴びを始めた ツミ
Img_7450

周りの様子を見ながら水浴びをするツミ
Img_7454

涼しくて出て行きたくないような ツミ
Img_7468

猛禽らしい立派な面構えになってきたツミ
Img_7505

久しぶりに見た 木を登っていた大きなカブトムシ
Img_7610

枝にぶら下がっていたヤブヤンマ
Img_7542

| | コメント (16)

2008年7月22日 (火)

涼を求めて 2

今日は別の山へ。途中の尾根筋で良い声で鳴き交わしている鳥が居るので探したら木の天辺で囀っていたのはルリビタキだった。夏のルリビタキに会うのは久しぶりだ。森林帯からガレ場を登り第一のピークへ、ここでもホシガラスに会ったが遠かった。そこから第二のピークへ登り降りを繰り返しながら向かう。途中の谷間から吹いてくる冷たい風が心地よかった。朝のうち青空が出ていたが、だんだんと雲が多くなりガスってきたので、早めに降りた高原ではノビタキやビンズイが囀り遠くにカッコウの声も聞こえた。

尾根の岩陰に咲いていた白い花ウスユキソウ
Img_2489_3

木の天辺に居たルリビタキ
Img_2174_4

良い声でさえずるルリビタキ
Img_2175_6

♂と♀が飛び廻っていたノビタキ
Img_2340_3

飛び出す瞬間、面白い格好のノビタキ
Nobitakiimg_2350_3

ガスってきた高原で ビンズイ
Img_2513_3

アザミで吸蜜するギンボシヒョウモン?
Img_2292_3


| | コメント (12)

2008年7月21日 (月)

涼を求めて 1

7月19~20日、
毎日暑い日が続く、
そこで少し涼しさを求めて標高2000mの山へ出かけた。下は曇が多かったがその雲を抜けると青空が広がっていた。日差しは強いが吹き抜ける風は冷たくて気持ちが良い。今日は比較的楽な山から高原へと抜ける。高山植物がたくさん咲いている尾根を過ぎ頂上に向かうと2羽のホシガラスが鳴きながら飛んできて直ぐ近くの樹にとまった。ピークを過ぎ高原に向かう途中の砂礫地にはコマクサの群落も見られた。

雲の向こうに見えるのは八ガ岳連峰
Img_2095

直ぐ近くのカラマツ?の樹にとまったホシガラス
Img_2230

枝の辺りを探して何かを食べていたホシガラス
Img_2237

近くで他の1羽が鳴いていたホシガラス
Img_2242

餌さを咥えたホオジロ
Img_2395

ツバメのなる木みたい、たくさんのイワツバメ
Img_2473

砂礫地で保護されているお陰で綺麗に咲いていたコマクサ
Img_2293

| | コメント (12)

2008年7月18日 (金)

魚を狙う笹五位

ササゴイが餌さを捕っている場所にはゴイサギやコサギ、それにカワウも居て、魚を狙っている。餌さの魚が集まる絶好の場所らしい。観察していると水中で捕るカワウは分らないが、ゴイサギやコサギよりもササゴイが大きい魚や小さい魚を一番多く獲っているように見えた。

場所を変えて魚を狙う翼の笹の葉模様が綺麗なササゴイ
Img_5965

急斜面で羽を広げてバランスを取りながら狙うササゴイ
Img_5964

こんな足場の悪いところで餌さを狙うササゴイ
Img_6240

一瞬の早業で獲物を捕まえた今度の魚は大きいぞササゴイ 
Img_6209

今度はコサギが場所を奪いに来て怒るササゴイ
Img_6423

コサギに場所を盗られて飛び立つササゴイ
Img_6374

暫らくして、また近くに戻ってきたササゴイ
Img_5565

| | コメント (14)

2008年7月17日 (木)

涼しげなササゴイ

既に梅雨が明けたような暑い日が続く。
今の時期、以前はよく見られたササゴイがここ数年は余り見られなくなり、寂しく思っていたが、先日、川の本流を見ていたら何処からか1羽のササゴイが飛んできて川の中の岩や護岸で魚を狙っていた。
今回は涼しそうな川で餌さを狙うササゴイのいろいろな姿を撮ることが出来たので2回に分けてUPします。

川の上を何処からか飛んできたササゴイ
Img_6443_2

岩の上に降りじっと獲物を待つササゴイ
Img_5979

槍のような鋭い嘴でじっと餌さの魚を狙うササゴイ
Img_5783


おっとっと、足場が滑る羽を広げてバランスをとるササゴイ
Img_6129

獲った魚は小さかったササゴイ
Img_6149

濡れた身体をゆすってボサボサ頭のササゴイ
Img_5898

ゴイサギと漁場が同じで負けられないぞササゴイ
Img_6047_2

| | コメント (12)

2008年7月13日 (日)

海鳥ウオッチング

7月11日、
近海の海鳥ウオッチングの船に初めて乗った。小さな船なので沖に出ると波はわりと穏やかだが、何処かに掴まっていないと真っ直ぐには立っていられない。さらに沖へ出るとオオミズナギドリが飛び交い、船の後ろから1羽のクロアシアホウドリがついてきたり、今回の目的であるアシナガウミツバメも見られたが、残念ながら上手く撮影出来なかった。何回も乗っている人に聞くと今回は鳥の出が少ないと言う事だった。また、機会があったら乗ってみようと思う。

船の後を追いかけてきたクロアシアホウドリ
Img_1778_2

大きな身体のクロアシアホウドリ
Img_1781

たくさん飛んでいたオオミズナギドリ
Img_1785

海上を低く飛ぶオオミズナギドリ
Img_1789

小さいのと揺れるのでやっと捉えられたクロウミツバメ ?
Img_1866

7月13日、真夏日となり暑い!
近くの田圃や池ではバンやカイツブリやオオヨシキリなどがベビーラッシュで可愛い幼鳥たちの姿があちこちで見られた。

ピッタリ寄り添って泳ぐ親子のバン
Img_1904

だいぶ大きくなった兄弟のカイツブリ
Img_6449

まだ、親に餌さをねだるオオヨシキリの幼鳥
Img_7119

| | コメント (16)

2008年7月10日 (木)

夏の浜辺

先日、出かけた砂浜で亜種アカアシアジサシやクロハラアジサシ、それとヒナを連れたシロチドリが見られた。知らないで近づいたら、親がよれよれと歩き、砂浜にしゃがんで羽を広げたりしてバタバタしていた。初め何だろうと思っていたが、子供から離れて親に注目を集めるよう偽傷行動をしていたらしい。子供を守る親の必死な姿を見てヒナには近寄らずにその場をそっと離れた。

アジサシの群れの中で水浴びしてた亜種アカアシアジサシ
Img_6972

赤い嘴と足がよく目立つ亜種アカアシアジサシ
Img_6977

翼を下げ尾羽を広げてよたよた歩いていたシロチドリ
Img_7034

窪みで羽をバタバタさせて偽傷行動をとっていたシロチドリ
Img_7038

子供を守る為、偽傷行動で親の方に注目させるシロチドリ
Img_6997

昨年、友達がマルタンヤンマを撮ったと写真を見せてくれた。複眼がコバルトブルーのとても綺麗なトンボだった。場所は近いし、ぜひ見てみたいと思い、後日行ってみたが会えなかった。今年になって6月に一度行ってみたが見られず、今月になってまた行ってみた。とても暑い日だったが、池の奥の方へ行くと崖側で写真を撮ってる人が居る、その先を見ると眼がブルーの大型のトンボが薄暗い枝にぶら下がっている、マルタンヤンマだ!みたかったトンボに会えてとても感激した。今度は横からも撮ってみたい。

眼がコバルトブルーの綺麗なマルタンヤンマ
Img_6511_2

| | コメント (16)

2008年7月 6日 (日)

セグロアジサシ

朝から蒸し暑い日となった。
セグロアジサシが出ていると聞き、海辺へ出かけた。日曜なので道は空いている。現地に着くとセグロアジサシはコアジサシの群れやアジサシと一緒に砂浜に降りていた。ときどき飛んでもまた近くに降りる。南の島などで繁殖しているが、関東では夏にたまに見られる程度のアジサシを近くで観察する事ができて良かった。

夏にたまに見られるセグロアジサシ
Img_6935

コアジサシやアジサシの群れの中に居たセグロアジサシ
Img_6679

コアジサシの群れが飛ぶと一緒に飛び立つセグロアジサシ
Img_6730

飛翔、下面は白い部分が多いセグロアジサシ
Img_6642

砂浜に降りようと旋回するセグロアジサシ
Img_6631_2

海の遠くの方を飛ぶセグロアジサシ
Img_6758

| | コメント (16)

2008年7月 3日 (木)

今週の鳥

7月に入り、蒸し暑い日が増えてきた。
今週は近場の田圃や公園へ行って、オシャレな尾羽のセッカやカワセミの幼鳥など、お馴染みの鳥たちを撮ってみた。

今、一番賑やかに囀っているセッカ
Img_5014

身体が柔らかいですね、羽を整えるセッカ
Img_5034

羽繕い中、尾羽の模様が素敵なセッカ
Img_5035

池に飛び込んで小魚を獲ってきたカワセミの幼鳥
Img_4806

小魚を咥えて満足そうなカワセミ幼鳥
Img_4764

電線にとまっていたが、警戒心の薄かったハヤブサ
Img_4985

池の端の暗いところに居たモノサシトンボ
Img_4786

| | コメント (12)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »