« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月30日 (水)

春の田圃

昼間は温度が上がって暑くなった。
今日はそろそろチュウシャクシギが入っている頃だと思い田圃を廻ってみた。見た人も居るらしいが行った時は見つからなかった。アシ原ではオオヨシキリの賑やかな声が響き渡り、早くも田植えの始まった所もある。ムナグロはあちこちに散らばって居たが全部で200羽以上居たようだ。何か入ってないかと探したら、キョウジョシギが1羽とキアシシギが2羽いた。それと1羽の綺麗なアマサギが畔にやって来ていた。毎年同じ鳥たちだが、姿を見ると今年も来てくれたとホットする。

田圃に彩りを添えてくれる綺麗な夏羽のアマサギ
Img_7441

頭が痒いよ アマサギ
Img_7440

すでに田植えの始まった田圃で ムナグロ
Img_7428

MFの田圃では数少ないキョウジョシギ
Img_7359

賑やかな声で元気いっぱい囀るオオヨシキリ
Img_7307_3


彩湖にもやって来たコアジサシ
Img_4614

森の池の上を昼間から飛んでいたアブラコウモリ?
Img_4639

| | コメント (16)

2008年4月27日 (日)

夏鳥いろいろ

曇りのち晴れの天気。
MFの森にも数日前から夏鳥がいろいろやって来た。森に入ると先ず高い所を鳴きながら飛び回るオオルリにカメラマンが集中していた。その次はキビタキを撮りに、こちらも良く鳴いていた。鳥を撮っているとまたたくまに昼時を過ぎ、近くで食事をして田圃にでも行こうかと思っていたら、Tさんから「森にサンショウクイが居る」と連絡があり、急いで戻った。サンショウクイは虫を盛んに捕っていたが、わりと低いところにもとまってくれて、同じ場所に長く居てくれた。今日はオオルリやキビタキ、サンショウクイなどの夏鳥たちも揃って久しぶりに活気のある森でした。

初めは高いところに居たサンショウクイ
Img_7070

ご馳走の虫をよく捕っていたサンショウクイ
Img_6895

わりと低い枝にも降りてきたサンショウクイ
Img_7158

元気良く自慢の歌声を披露していたキビタキ
Img_6834

やはり人気のあるキビタキ
Img_6841

よく鳴いていたが暗かったので色が出ないオオルリ
Img_6783

| | コメント (16)

2008年4月23日 (水)

短い尾のヤブサメ

朝から青空が広がる良い天気。
朝6時半ごろ廻ったら、なんか小さな鳥が入っていると言われ、もしかしたらヤブサメかもと探したが見つからなかった。数時間経って「やっぱりヤブサメが入って居たよと」聞きまた行ってみた。暗い藪の中を歩いているのがチラチラ見えるが、なかなか出てこない。暫らく待っていたら、ようやく少しだけ姿を見せてくれたが、直ぐにまた暗い藪に入ってしまった。山へ行っても「シシシシ」という虫のようなか細い声は良く聞くが、そう簡単には見られない。今日は久しぶりにヤブサメをしっかりと観察できて良かった。

地味だがキリッとした眉班が綺麗なヤブサメ
Img_4998_2

声は良く聞くが見るのが難しいヤブサメ
Img_4996

なかなか明るいところには出てこない尾の短いヤブサメ
Img_5001

暗い林床を好むヤブサメ
Img_5012

地味な鳥の後は鮮やかな花とツマキチョウ
Img_4401

| | コメント (12)

2008年4月21日 (月)

まだ、早い

日曜日、夏鳥が入っているだろうと森に行ったが、期待はずれ。見られたのは今までと同じ冬鳥たちだった。この時期はこんなものかも。仕方が無いので仲間と田圃に行ってみると、2羽のタカブシギが居た。それと60羽ぐらいのムナグロが鳴きながら上空を飛んだが、地上で見たのは20羽ぐらいの群れだけだった。まだ、内陸の田圃は少し早いようだ。
今日の朝、森はセンダイムシクイの声が聞こえて来るようになった。

今日、MFの高原?ですっかり夏羽になったホオアカが居た
Img_4524

土手のタンポポと一緒に撮りたかった正面顔のホオアカ
Img_4525

田圃に来るシギの定番ともいえるタカブシギ
Img_4150

畔に2羽が並んだタカブシギ
Img_4237

夏羽のムナグロ
Img_4264

増えてきたチュウサギ
Img_4515

| | コメント (8)

2008年4月17日 (木)

今週は中だるみ

今週は2日ばかり良い天気が続いたかと思ったらまた雨。
森は先週から日曜にかけてオオルリが入り、今年はこの調子で順調にいくかと思っていたが、その後夏鳥はセンダイムシクイを2羽見ただけで中だるみ状態。冬鳥のアオジやマヒワ、シロハラがまだ居るし、シメやツグミは集結して移動の準備をしている。まっ、来週辺りからはキビタキなども入って来て、また、森は賑やかになるだろう。

木の高~い枝で飛び廻っていた夏鳥のセンダイムシクイ
Img_1630

時々囀っていたが見つけ難いセンダイムシクイ
Img_1625

垂れ下がったクヌギの花と同じ色の冬鳥のマヒワ
Img_1688

クヌギには餌さがたくさんあるようだ。20羽ぐらい居たマヒワ
Img_1675

タンポポ咲く野原で、冬鳥のシロハラ
Img_1732

繁殖期になりペアで行動するキジ
Img_3923

| | コメント (10)

2008年4月14日 (月)

やって来た青い鳥

午前中は雨がパラパラ降ったり止んだりしていた昨日の日曜日。
MFの森には夏鳥のオオルリ♂♀が来ていて、新緑の葉が出始めた木々の間を飛び廻っていた。高い所が多く空抜けで、天気も悪いのでまともな写真が撮れないが、いつもながら緑の中の青い鳥は綺麗だった。

いつ見ても綺麗な青い鳥 オオルリ♂
Img_1489

♂とペアで飛び廻っていた オオルリ♀
Img_1337

その後、そろそろシギチも入ってくる頃かと思い田んぼを廻ったら雨でぬかるんだ田にムナグロが10羽ほど佇んでいた。

雨水の入った田んぼで休んでいた居たムナグロ
Img_1219

数日前に田んぼの畔でみられたクサシギ
Img_0908

| | コメント (6)

2008年4月12日 (土)

旅鳥のシマアジ

雨も止み晴れ間が出た週末。
いよいよ、MFの森にも夏鳥のオオルリやキビタキが入ってきた。すでに写真を撮った人も居るが、なかなか姿を見せてくれないので、田んぼでシギチでも探そうと思っていたら、シマアジが居ると聞き出かける。ここには毎年寄ってくれるという。シマアジは池のわりと近くに居たが、手前にアシが有り、すだれのような間からの観察となった。

今年も姿を見せた旅鳥のシマアジ♂
Img_1296

水面に嘴をつけて餌さを捕る白い眉班が綺麗なシマアジ
Img_1291

♂に比べ地味模様のシマアジ♀
Img_1261

春の七草、ナズナの咲く中でムクドリ
Img_1689

| | コメント (16)

2008年4月 9日 (水)

春本番の湖岸

春本番となり、久しぶりにチャリンコで彩湖を廻ってみた。

ここはノウルシが少ないのですっきりしているサクラソウ
Img_0823

アシ原にはまだ、少数のオオジュリンが残っている、中に頭から顔がかなり黒い夏羽になってきた個体もいる。カモも少なくなったが、カンムリカイツブリとコガモはまだ居た。ぐるっと廻って、下流のイカダの上を見たら大型のシギが1羽いる。近づいてみるとダイシャクシギだった。シギチのメッカである三番瀬や谷津干潟などの海辺ではよく見られるが、最近の彩湖では珍しいと思う。渡りの途中に羽を休めているのだろう。MFで普段見られない鳥に会えた時は嬉しさが倍増する。

夏羽に換羽中でかなり黒くなってきたオオジュリン♂
Img_3694_4

もうすぐ繁殖地へ戻るオオジュリン
Oojyurinnimg_3671_2

次の冬も此処に来て欲しいオオジュリン
Img_3660

この湖ではあまり見られないダイシャクシギ
Img_3711

渡りの途中に寄ったダイシャクシギ
Img_0861_2

| | コメント (12)

2008年4月 6日 (日)

最近のオジロビタキ

好天に恵まれ何処も人出で混雑していたようだ。
先日、少しは色が付いたかなと思い、今シーズまだ見ていなかったオジロビタキに会いに行った。桜は満開、早くも散り始めた木もある斜面に良く出てくる。第一回冬羽のオジロビタキは喉が薄っすらとオレンジ色っぽくなっているように見えたが、果たして? もう少し居てくれたらと思っていたが、昨日聞いた話では会いに行った直ぐ後に居なくなったという事だ。無事に帰って欲しい。

朝、早かったので膨らんでいたオジロビタキ
Img_1717

すでに散り始めた桃の若木の中で オジロビタキ
Img_1823

少し喉に色が付いてきたように見える? オジロビタキ
Img_1780

降りる寸前のオジロビタキ
Img_1898

お花見に来たのかな シジュウカラ
Img_1759

| | コメント (6)

2008年4月 2日 (水)

派手なヤツガシラ

昨日、ヤツガラが居ると聞き、強風の中を出かけた。現場に着き何時間か経って飛んで来たがかなり遠くの草地に降りた。餌さを捕り、放り上げながら嘴でキャッチする独特の仕草で食べながら、少しずつ近づいてきたが、少し距離があった。この鳥は大きな冠羽と白と黒の縞模様の派手な色彩で人気がある。

草地を歩きながら餌さを探すヤツガシラ
Img_3079

王冠のような見事な冠羽を広げてくれたヤツガシラ
Img_3002

ヤツガシラを待っていたら、上空にサシバが飛んできて頭上を旋回し北の方向へ飛び去った。他にもツバメやアマツバメが物凄いスピードで飛び回り、春の空も賑やかになってきた。

海を越えてやって来た春の渡りのサシバ
Img_2414_2

旋回しながら高く上がり繁殖地へ向かうサシバ
Img_2347_2

スピード感あふれるアマツバメもやって来た
Img_2336

| | コメント (13)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »