« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月28日 (金)

当たり年?ヘラサギ

12月27日、
今年も残すところあと数日となった。
今日はコハクチョウや少数のオオハクチョウ、カモが越冬している沼へ行ってみた。ここは以前から話には聞いていたが訪問するのは初めてだ。沼を見渡すとたくさんのコハクチョウやオナガガモと一緒にヒシクイが1羽と遠くの対岸近くにトモエガモも泳いでいた。

ハクチョウやカモが舞う自然豊かな沼
Img_0015

カモの群れの中を悠々と泳ぐ大きなヒシクイ
Img_9989

かなり遠くに居たトモエガモ
Img_0023

今季は関東のあちこちでヘラサギの話を聞くがこの沼でも幼鳥が暫らく前から居るという。カモがたくさん居る中で餌さ捕りに夢中だった。

水が深いところだが、すぐ近くで餌さ捕り ヘラサギ幼鳥
Img_9931

 少し遠いが浮草のようなところに上がったヘラサギ幼鳥
Img_0059

この浮草に飛び上り優雅に羽を広げたヘラサギ
Img_0090

羽をめいっぱい上げたらVサインになったヘラサギ
Img_0089_2

| | コメント (10)

2007年12月25日 (火)

白黒のコクマルガラス

12月も残り少なくなって来た。
今年もミヤマガラスとコクマルガラスが来ているというので行ってみた。現地では毎年カラスたちの行動を仔細に観察し調べているSさんに案内してもらった。先ず大きなミヤマガラスの群れを見つけて観察すると中に数の少ない白黒のコクマルガラスの淡色型が3羽混じっていた。黒色型も居る。それと数百羽のニュウナイスズメも越冬しにきている。何箇所かに分かれているが、その一つの場所では桜の木にたくさん群れていた。カラスやスズメにとってお気に入りの場所なのだろう。

毎年少数がやって来る白黒のコクマルガラス淡色型
Img_9142_2


黒い軍団の中の白黒はよく目立つコクマルガラス
Img_9131


頭から背にかけての栗色が綺麗なニュウナイスズメ♂
Img_9239

眉班が鮮やかなニュウナイスズメ♀
Img_9217

数百羽の群れで越冬しに来たニュウナイスズメ
Img_8260

| | コメント (12)

2007年12月20日 (木)

冬の海辺

12月19日、
今冬一番の冷え込みで昼間も気温が上がらず寒い日となった。
よりによって、この寒い日に海へ行った。波は穏やかだったが、日差しが無いので、じっとしていると手が冷たくなってきた。
浜にはミユビシギの群れが打ち寄せる波と鬼ごっこをしているかのように忙しなく餌さを採っている。流木の上に降りたトビにカラスが盛んにチョッカイを出していた。

浜では寄せたり引いたりする波の間で採餌する ミユビシギ
Img_8845

岩場で餌さ採りのミユビシギは
Img_8934

大きな波が来ると慌てて飛び上がる ミユビシギ
Img_8939

流木の上で初めはカラスと睨めっこをしていた トビ
Img_8977

暫らくするとカラスを威嚇しはじめた トビ
Img_8985

とうとう、しつこいカラスに怒って羽を広げて威嚇する トビ
Img_8988_2

あっちへ行けとばかりに怒る トビ
Img_8992

よく潜っていた赤い目をした ミミカイツブリ
Img_8730

黒い身体にオシャレな白い首輪を付けた コクガン
Img_8783

| | コメント (10)

2007年12月16日 (日)

12月も中旬

天気は良かったが北風が吹き寒い日となった。
最近のMFはキクイタダキやエナガ、マヒワが居るが他の冬鳥が少ないので人も少なく静かな森である。それでも今日はサービスの良いキセキレイやアリスイが見られたりして半日が過ぎた。
画像は最近撮った鳥たちです。

どんどん近づいてきてサービスしてくれたキセキレイ
Img_8382

今年はあちこちで見られる、2羽画面に入ったキクイタダキ
Img_7285_2

葦原の中でじっと隠れていた タシギ
Img_7454

頭上近くに飛んできたタゲリ
Img_6592

田んぼの空を飛んでいたハヤブサ
Img_6196

先日、山へ行った時にマミジロに出会ったが、本当かなと一瞬目を疑った。いまごろ夏鳥といわれるこの鳥がなぜ居るんだろう?南に渡らないで越冬でもするんだろうか、それとも温暖化のせい???

驚いた! 12月に山で会ったマミジロ♂
Img_7419

このまま冬を越せるんだろうか マミジロ
Img_7425

| | コメント (14)

2007年12月12日 (水)

複雑な模様のアリスイ

もう、12月も半ば、風も無く穏やかな晴天が続く。
複雑な模様の代表的な鳥にアリスイとヨタカが居ますが、そのアリスイを今季は10月に河川敷でチラッと見ただけでしっかり見ていなかったが、今日は時間をかけてじっくりと観察し撮ることも出来たので良かった。

樹の天辺で辺りを見回すアリスイ
Img_7547

休んでいたが突然長くて赤い舌を出したアリスイ
Img_7523

地上で餌さを探すアリスイ
Img_7611

木の上の方に居るアリ?を背伸びして探すアリスイ
Img_7874

枝の上の方に登って来たアリスイ
Img_8019

| | コメント (10)

2007年12月 9日 (日)

久しぶりの海辺

先日、久しぶりに初冬の海辺に行ってみた。
バーダーもカメラマンも殆ど居ない浜辺の海には沢山のスズガモが浮かんでいた。その中に以前から聞いていたビロードキンクロも1羽居たが遠かった。潮が満ちてきて僅かに残った干潟には18羽ぐらいのミヤコドリが集まって休んでいた。他にはハマシギの群れやミユビシギ、ダイゼンなどが静かな干潟で餌採りに夢中だった。

遠くで寝てばかりいてやっと起きたビロードキンクロ
Img_7072

潮が満ち始めた干潟に集まっていたミヤコドリ
Img_7169

小さくなる干潟に落ち着かないミヤコドリ
Img_7164_2

干潟がなくなり飛び立った ミヤコドリ
Img_7183

逆光なので色が出ない ミヤコドリ
Img_7184

2羽で仲良く浮かんでたハジロカイツブリ
Img_7137

一番深いところで粘って居たハマシギ
Img_7122

潮が満ちてきて浅瀬を探して移動する ダイゼン
Img_7149

| | コメント (12)

2007年12月 6日 (木)

今日の森

雲一つない良い天気になった。
MFの木々の葉も落ち始め、今度は地面が黄葉に敷き詰められてきた。森はシメが良く目につき、エナガやキクイタダキ、ルリビタキ、アカゲラも居るが、今のところ冬鳥が少ないようだ。余り収穫が無い。

荒川の土手の上から見たMFの黄葉
Img_6538_2

何時もの桜の木に来たエナガ
Img_7015

森の中をぐるぐる廻っているらしいエナガ
Img_7016

森の池で水を飲んでいたシロハラ
Img_7030

頭の羽を立てたカシラダカ
Img_6095

まだ、時間も早かったので山の方へ行ってみた。小鳥はルリビタキやカラ類が見られたが、毎年居るカヤクグリにも会えなかった、今日は何処へ行っても収穫が無いなと思いながら、上を見るとかなり高かったが晴れた広い空に大きな羽を広げて悠然と飛ぶクマタカを見た。すぐに山の向こうへ消えたがここでは初めてだった。

葉が無い木にピンクのマユミの実が青空に映えていた
Img_7044

広い空を悠々と飛んで山の稜線に消えたクマタカ
Img_2391

| | コメント (8)

2007年12月 2日 (日)

田んぼのコチョウゲンボウ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「第3回秋が瀬の鳥」写真展も盛況のうちに無事終了いたしました。たくさんの方にご来場頂き有難う御座いました。
2007122_024

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

穏やかに晴れた暖かい日
MFの森に行ったが何も収穫がないので、午後から誰も居ない静かな田圃へ行ってみた。ケヤキの木に大きなノスリが1羽とまっていた。川向こうの田圃にはタゲリが50羽ほど休んでいる。ついでにもう一つ先の田圃まで行ってみたら、1羽の猛禽が車の上を飛んで来た。「あれっチョウゲンボウ?いや、尾が短い」と思い、降りたところを確認し、近くへ行って良く見たら、なんと♀タイプのコチョウゲンボウだった!しかもスズメを持っている。

足の下にスズメを持って得意顔のコチョウゲンボウ♀タイプ
Img_6613

スズメは可哀想だがこれが自然界の厳しさだ、コチョウゲン
Img_6619

初め動いていたスズメもおとなしくなり、回りを警戒しつつ食べ始めた。この先は少し残酷なのでカットして、満腹になり満足そうな顔をして去って行った。
今日は今季初のコチョウゲンボウを近くで見れて嬉しい日となりました。

時間をかけて殆どたいらげた、コチョウゲンボウ♀タイプ
Img_6698

さあ、腹いっぱい、満足そうなコチョウゲンボウ
Img_6841

後ろを向いてもたえず首を廻し警戒するコチョウゲンボウ
Img_6873

| | コメント (14)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »