« 秋は少ないツルシギ | トップページ | 渡り途中に寄ったノビタキ »

2007年9月23日 (日)

秋の峠

9月21~22日
毎年、恒例のタカの渡りを見に出かける。
この峠は約1700mの高さにあり、途中では穂高岳や乗鞍岳の眺望が見事なところである。
毎年天候や今までのデータを見て、たくさん飛ぶ日や写真を撮るには少なくても低く飛ぶ日を予想して出かけるがなかなか当たらない。したがって良い写真もなかなか撮れない。今年はまだ1000羽を越えるようなピークがないが、澄み切った秋の空を流れるように渡るタカの群れを見ないと忘れ物をしたような気分になってしまう。

山の尾根から湧き出るように輪を描き高度を上げていくサシバの群れ
Img_8240

昼間の月のしたを飛ぶハチクマ
Img_8256

猛スピードで飛ぶ大型のハリオアマツバメ (ボケてますが)
Img_8195

翼の先が白い個体が飛んでいたハリオアマツバメ
Img_8198

アカトンボの仲間なのに赤くない雄のムツアカネ
Img_8215

成熟すると真っ黒になる雄のムツアカネ
Img_8224

マツムシソウにとまるウラギンヒョウモン
Img_8258

他に花が少ないのでマツムシソウに良く来たウラギンヒョウモン
Img_8286

|

« 秋は少ないツルシギ | トップページ | 渡り途中に寄ったノビタキ »

コメント

あんさん おはようございます。
この峠も大分人が増えてきましたが、何時までもタカの見られる場所であって欲しいです。
ウオッチャーにとっては至福の時間を過ごせる所です。

投稿: moto8 | 2007年9月26日 (水) 04時24分

moto8さん こんばんは。
この峠に身を置いて、猛禽の秋の渡りを見るというのは、
極めつけのバードウォッチングでは。
ハリオアマツバメの写真も
素晴らしいですねぇ!

投稿: あん | 2007年9月25日 (火) 23時09分

kimtomさん こんにちは、
今年はまだこれといったピークがなく、だらだらと来ています。
その中でも先日は多い方でしたが、余り低くは飛びませんでした。
この後はどうなんでしょう、1000羽以上の日が1日があると思いますが、サシバ、ハチクマは9月末日頃までのようです。

投稿: moto8 | 2007年9月25日 (火) 16時27分

MOTO8さんお疲れ様でした。
いい日選んで行ってよかったですね。
昨日一昨日のデーター見ると渡りの
数が少ないでしたね。
まだ今年はこれからピークがありますよね。

投稿: kimtom | 2007年9月25日 (火) 09時32分

chochoensisさん おはようございます。
黒いトンボは2種類居るらしいです。
ムツアカネを撮ることが出来たのはラッキーでした。

投稿: moto8 | 2007年9月25日 (火) 07時50分

moto8さん、毎年の行事に行かれたんですね・・・ハリオの羽の先端おもしろいですね、それと「ムツアカネ」が、羨ましいです・・・一度見てみたいな・・・。

投稿: chochoensis | 2007年9月25日 (火) 05時42分

birdland7さん こんばんは、
タカ柱はもっとたくさんの数が飛ぶこともありますが、画面にはその一部しか入りません。
長野や新潟また東北では結構多く繁殖しているようです。しかしこの峠を渡る中には大陸から来たのも居るらしいです。

投稿: moto8 | 2007年9月24日 (月) 19時29分

鷹柱、実際に見たことはないですが迫力あるのでしょうね!
ところで、ハチクマにしろ他のタカにしろ鷹柱の時は凄い数
なのに、普段はバラバラでどこにいるのでしょうね!

投稿: birdland7 | 2007年9月24日 (月) 18時40分

mtana2さん こんばんは、
はじめの内はタカよりハリオの方が沢山飛びました。
ムツアカネは図鑑を見たら、寒冷地や山地に生息とかいてありました。

投稿: moto8 | 2007年9月24日 (月) 18時01分

恒例タカ見、お疲れ様でした。
いろいろ撮りましたね。
白い羽のハリオはよく咄嗟に撮れましたね。さすがです。
ムツアカネですか、こんなのもいるのですね。

投稿: mtana2 | 2007年9月24日 (月) 08時41分

tokiさん おはようございます。
ハリオの部分白化は「あれっ」と思いましたが、直ぐに見失いました。
ムツアカネは近くの人が教えてくれました。黒いアカネ「へえ~」って感じで撮りまくりました。

投稿: moto8 | 2007年9月24日 (月) 07時49分

ジダンさん おはようございます。
この峠は遠征する甲斐があります。
今回の写真では遠くのしか写ってませんが、頭の上の近くを被って飛ぶ個体もいます。大きく撮ったのもありますが、機械のトラブルで載せられません。
ま、今回も楽しいひと時でした。

投稿: moto8 | 2007年9月24日 (月) 07時32分

ゴーリキーさん おはようございます。
峠では久しぶりにお会いして嬉しかったです。
ハチクマの数が多くて楽しかったですね、模様のバリエーションが多くて見ていて楽しいです。
本当に山に行っても多くは見られないハチクマが渡りの時は大集合してきますね。タカ好きにとっては至福の時間でしたね!

投稿: moto8 | 2007年9月24日 (月) 07時22分

ヘムレンさん おはようございます。
ハチクマは長野から北にはかなり繁殖しているようですが、大陸からのも居るようです。
偶然行った山でタカの渡りに会うのも良いものです。
いよいよ、行動開始ですね!

投稿: moto8 | 2007年9月24日 (月) 07時03分

moto8さん、お帰りなさい。
ハリオアマツバメの白いのおもしろいですね。
ムツアカネはルリビタキのいた場所にもいました。
それと分からず…。
…きちんと撮ってない。

投稿: toki | 2007年9月24日 (月) 06時41分

遠くまでお疲れ様でした。
ここまでの鷹柱、一度は見たいものです。
月とハチクマ、これも風情があっていい感じですね。
ハリアマの片羽だけの白化も珍しいです。
年に一度の峠遠征、楽しまれたようですね。

投稿: ジダン | 2007年9月24日 (月) 00時24分

moto8さん、こんばんは!初めて参加させていただきます。サシバとハチクマとツミの見送り会で久し振りの再会でしたね。 私は、以前の見送りは伊良湖まで足を伸ばしていたのですが、ハチクマを見たり撮ったりするには、今回の遠征先の峠が近いし涼しいし文句なしに見送り場所No.1かなと思っています。マツムシソウの咲く斜面でゆっくりとタテハ類の写真を撮りたいと思っていましたが、渡りの猛禽君が猶予を与えてくれませんでしたね。それにしても、ハチクマがあれだけ次から次から飛んでくるなんて???何処で繁殖していたのかなあ? とは言え、最高に幸せ気分を堪能出来た事に間違い有りませんでした。

投稿: ゴーリキー | 2007年9月24日 (月) 00時11分

サシバ・・・お見事です。毎年のこととはいえ、普段どこにいるんだろうと、不思議に思えます(^^;)
昨日は、八ヶ岳に行ってきました。数羽だけですが、舞うタカをぼ~~っと眺めていました。いよいよ秋・・・ですね。

投稿: ヘムレン | 2007年9月23日 (日) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋は少ないツルシギ | トップページ | 渡り途中に寄ったノビタキ »