« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月28日 (金)

地味な模様のヨタカ

今日は真夏のような暑さになった。
ヨタカが来ていると聞き、早速行ってみる。わりと太目の横枝にいつものように並行にとまって休んでいる。身体の色や模様が良いカムフラージュになり、あそこに居ると言われないとなかなか分からない。
とまって居るところが逆光になり良い写真は撮れなかったが、そう簡単に見られる鳥ではないので、良かった。

南の越冬地へ向かう途中に寄ったヨタカ
Img_2589

伸びをした地味な模様のヨタカ
Img_2602_2

遠くからだとコブのようにしか見えないヨタカ
Img_2663_2

枝の上で立ち上がった、短い足ですね!  ヨタカ
Img_2605

| | コメント (14)

2007年9月26日 (水)

渡り途中に寄ったノビタキ

9月25日
お彼岸に入りやっと秋らしい気候になってきた。

毎年この時期にやって来る冬羽のノビタキ
Img_2328
そろそろノビタキが来る頃だと思い、田んぼへいってみる。途中の少し水の溜まった田からタシギが「ジェ、ジェ}と声を出して次々に飛び出した。こちらが気がつく前に気付かれて飛んでしまう。奥の方にはタカブシギ数羽とイソシギが腰を振りながら餌を探していた。
さらに進んで土手の側に行くと茶色いノビタキがセイタカアワダチソウや杭の間を数羽で飛び交っていた。
秋のノビタキは春よりも長逗留してくれるのが嬉しい。

土手の草にとまって餌さを探すノビタキ
Img_2303

朝早くは6羽ぐらいが飛び交っていたと言うノビタキ
Img_2289

土手で捕った青虫を地上に降りて食べるノビタキ
Img_2340

小さい身体で縄張りを主張するセッカ
Img_2280

雨水でぬかるんだ田んぼに降りていたタシギ
Img_2218

飛翔するタシギ
Img_2226

他にもたくさん居た、連結しながら産卵するアキアカネ
Img_2235

| | コメント (14)

2007年9月23日 (日)

秋の峠

9月21~22日
毎年、恒例のタカの渡りを見に出かける。
この峠は約1700mの高さにあり、途中では穂高岳や乗鞍岳の眺望が見事なところである。
毎年天候や今までのデータを見て、たくさん飛ぶ日や写真を撮るには少なくても低く飛ぶ日を予想して出かけるがなかなか当たらない。したがって良い写真もなかなか撮れない。今年はまだ1000羽を越えるようなピークがないが、澄み切った秋の空を流れるように渡るタカの群れを見ないと忘れ物をしたような気分になってしまう。

山の尾根から湧き出るように輪を描き高度を上げていくサシバの群れ
Img_8240

昼間の月のしたを飛ぶハチクマ
Img_8256

猛スピードで飛ぶ大型のハリオアマツバメ (ボケてますが)
Img_8195

翼の先が白い個体が飛んでいたハリオアマツバメ
Img_8198

アカトンボの仲間なのに赤くない雄のムツアカネ
Img_8215

成熟すると真っ黒になる雄のムツアカネ
Img_8224

マツムシソウにとまるウラギンヒョウモン
Img_8258

他に花が少ないのでマツムシソウに良く来たウラギンヒョウモン
Img_8286

| | コメント (18)

2007年9月20日 (木)

秋は少ないツルシギ

先日、ツルシギが居るいう場所へ行った。
大きな水溜りに2羽のツルシギとアオアシシギが仲良く餌採していた。ここは餌さが沢山あり、シギたちのお気に入りの場所らしく、飛んでも暫くするとまた戻ってくる。鳥との距離は遠かったが春に比べると秋にやって来るツルシギの数は少ないようなので、この時期に見られると嬉しい。他にクサシギも飛んでいた。

かなり深い水の中を歩くツルシギ
Img_1342

遠いので証拠写真ですが2羽のツルシギ
Img_1364

秋は春よりも渡来数が少ない赤い足と眉斑が目立つツルシギ
Img_1378

秋の空を飛ぶ2羽のアオアシシギ
Img_1399

頭の直ぐ上を飛んでいった下から見たアオアシシギ
Img_1224

足が長いので深いところも入るアオアシシギ
Img_1232

猛暑の空を見上げると頭上を旋回する大きなトビ
Img_1396

残暑が厳しいが秋です! 背比べをしているようなドングリ
Img_1460

| | コメント (10)

2007年9月17日 (月)

田んぼのシギチたち

9月16日、
今日は夏に逆戻りしたような暑さになった。
朝、森に寄ってみた、まだ、サンコウチョウが居た。他にコサメビタキやキビタキの♂それにツツドリなどが飛び交っていたが、どうも写真が撮り難く、人も多いのでシギチが居ると教えてもらった田んぼへ向かった。
今の時期、干上がった田んぼが多いが、条件の良い所には居るもんだ!アカアシシギやコアオアシシギ、オジロトウネン、クサシギ、タカブシギ、イソシギなどが水の張った一枚の田んぼで餌採をしていた。

今季田んぼでは初めてのアカアシシギ
Img_1143

コアオアシシギと一緒に餌さを採るアカアシシギ
Img_1174

鮮やかな赤い足が目立つアカアシシギ
0img_1122

嘴も身体もスマートなコアオアシシギ
Img_1111

小さいので草の中では見難いオジロトウネン
Img_1168

左のコアオアシシギと小型のシギのオジロトウネン
Img_1183

目の回りの白いリングがオシャレな3羽いたクサシギ
Img_0918

| | コメント (15)

2007年9月13日 (木)

秋のサンコウチョウ

降り続いた雨も止み、晴れ間が覗く日となった。
もう、秋の渡りが始まっているはずなのに雨続きでなかなか森に行けなかった。今日はサンコウチョウが入っていると言う連絡を貰ったので早めに出かけた。
着くとKさんが狙っていて、今までここに居たと言う。飛んだ方に行くと暗い林の中に尾の短い3羽のサンコウチョウが飛び回っていた。高いところに行くと空抜けになったり、葉の陰だったりで撮影が難しかったが、一応証拠写真は撮ることが出来た。
他にはオオルリ、キビタキ、ホトトギス、サシバなどが見られた。

今秋、始めて3羽が一緒に森に寄ってくれたサンコウチョウ
Img_0729

無事に越冬地へ着いて又、来年も来て欲しいサンコウチョウ
Img_0727

短い尾羽をよく広げていたサンコウチョウ
Img_0755

シジュウカラやサンコウチョウと一緒に居たキビタキ
Img_0712

8月12日、田んぼを回ってみる。
今年はもう終わりかと思っていたが、稲刈りの終わった田んぼには雨水がたっぷりと入っている。何か居ないかとゆっくり流していると、居ました!2羽の大型のシギが餌さを獲っていた。はじめオグロシギかなと思ったが良く見ると驚いたことにオオソリハシシギだった。三番瀬や谷津などの干潟では普通に見られるシギだが、内陸の田んぼには余り入って来ない。MFでも今まで見た記憶が余りない。

内陸の田んぼでは珍しいオオソリハシシギ
Img_0675

これから何処へ行こうかと相談でもしているようなオオソリハシシギ
Img_0670

雨水のたっぷり入った稲刈り後の田に居たタカブシギ
Img_0688

| | コメント (16)

2007年9月 9日 (日)

田んぼの空はツバメで賑やか

関東を直撃した台風は河川敷の田んぼなどにも大きな爪あとを残して行った。
MFの田んぼも冠水してようやく水が引いてきたが、森は今日も入れなかった。土手で何か飛ばないかと待っていたら、ツバメと一緒に少数のショウドウツバメと鎌のような形の翼をした渡り途中のアマツバメが3羽飛んで来て、頭上を何回か旋回してくれた。
今日の田んぼの空は渡り途中の3種類のツバメが賑やかに飛んで暫しの間楽しませてくれた。

縦横無人に飛び回り目の前の虫を獲るのに一瞬速度を落とすツバメ
Img_0076

電線にツバメと一緒にとまっていた茶色い小さなショウドウツバメ
Img_0131

胸にネクタイのような帯がある飛翔中のショウドウツバメ
Img_0166

遠くの方から近づいてきた鎌の形をしたスピード感のあるアマツバメ
Img_0171

旋回すると白い腰が良く見えるアマツバメ
Img_0198_2

頭上を低く数回旋回して去っていった恰好良いアマツバメ
Img_0201

近くの田んぼで上空を旋回していたオオタカの幼鳥
Img_0031

| | コメント (10)

2007年9月 5日 (水)

稲刈り跡の田んぼ

9月4日
8月の末から始まった稲刈りがだいぶ進んで場所によっては稲が残って居る田んぼの方が少なくなってきた。
刈り跡の田にコシャクシギかエリマキシギが入っていないかと探したが、見つからなかった。まだ、稲刈りの始まっていない田んぼでも水を抜いているので、シギチは殆ど見られなくなったが、上空をクサシギとコチドリが飛び、ムナグロが36羽居ただけだった。
夏の間の田んぼでは目にすることが少なかったが3羽のチョウゲンボウが田に降りたり飛んだりして遊んでいた。幼鳥のようだ、田んぼのバッタで狩りの練習でもしているのだろうか。

青空を背にホバーリングするチョウゲンボウ
Img_8088_2

田んぼから次の場所へ移動するチョウゲンボウ
Img_8118

旋回しながらだんだん高く上がっていくチョウゲンボウ
Img_8065

逆光で見難いですが田んぼの上空を飛ぶクサシギ
Img_7843

8月31日の朝日新聞に載っていたヒガシシナアジサシの記事
Email0001_2
Img_7210 上の写真は池の上をパトロールするギンヤンマ。

水草の茎にとまって産卵するギンヤンマ
Img_6839_2

| | コメント (12)

2007年9月 1日 (土)

MFのアカエリヒレアシシギ

8月31日
ここ数日は雨模様で涼しくなった。
朝、MFの田んぼにアカエリヒレアシシギが入っていると連絡を貰い出かける。着くと1羽の小さなシギが水を張った田んぼの奥の方で泳ぎながら忙しなく餌さを獲っていた。幼鳥のようだ。同じところには長逗留のセイタカシギとカイツブリの幼鳥やバンの幼鳥、カルガモ、コサギやチュウサギなどが集まっている。
旅鳥のアカエリヒレアシシギはこの時期に毎年数羽が周辺の田んぼに立ち寄ってくれる。

1羽だけだが今年も来てくれて感謝! アカエリヒレアシシギ
Img_7820

前後左右忙しなく泳ぎながら採餌するアカエリヒレアシシギ
Img_7812

小さい身体で精一杯の伸びをするアカエリヒレアシシギ
Img_7896

何に驚いたか急に飛び立ったアカエリヒレアシシギ
Img_7815

1羽しか写っていませんが数羽入っていたタカブシギ
Img_7173

先日近くの公園でミンミンゼミの羽化を始めて見た。普通は夕方や暗くなってから見られるらしいが、なぜか昼間の明るい時間に柵にとまって脱皮をしていた。

羽化して間もない頃はこんな色をしてる ミンミンゼミ
Img_6963

それから1時間半ぐらい経つと羽が透明になってきたミンミンゼミ
Img_7052

| | コメント (14)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »