« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月28日 (月)

5月の遠出 4(完)

最終日、今日は半日の鳥見となる。
鳥の姿は昨日よりも少なくなっている感じがする。カッコウやブッポウソウは残っている。明るい日差しの下で飛んでいるブッポウソウを見たとき、凄く綺麗に見えた。毎年見ているのに何か違う鳥を見たような感じがした、そこで今日はブッポウソウに的を絞って撮ることにした。

毎日見られたブッポウソウ
Img_6730

止まり木から飛び出したブッポウソウ
Img_6727

羽の白斑が良く目立つブッポウソウ
Img_6725_1

建物の前を飛ぶ青緑色の身体が綺麗なブッポウソウ
Img_6060

船の出る時間が迫ってきた。
今回はここに載せた以外にも、いろいろな鳥が入って居て 2年分を一度に見てしまったような密度の濃い鳥見が出来、ライファーは増えなかったが、大満足の遠出でした。
同行の皆さん、現地でお会いした方々、お世話になり有難うございました。

あちこちで見られるようになったツルニチソウ
Img_6443

最近は見られる場所が限られるチゴモズ
Img_6542

後半よく見られたカッコウImg_6414

白い眉斑がオシャレなマミジロ
Img_6658

良い声で囀っていたイカル
Img_6594

| | コメント (12)

2007年5月27日 (日)

5月の遠出 3

三日目、天気はすっかり安定して晴天続き、新しい鳥は入って来ないで島から抜けて行く鳥が多い。
今日はカッコウやツツドリ、それにジュウイチなどの声が良く聞こえてくる。また、すでに数日居るがまだ、撮っていないのや、撮り直したい鳥に的を絞ってみた。

遠くからでも派手な黄色の身体が目立つ コウライウグイス
Img_6384

風で黄色い羽衣がなびいて面白い格好のコウライウグイス
Img_5627

こんな若い個体も居たコウライウグイス
Img_5704

まだ、マダラ模様のアカガシラサギ
Img_6429

森を歩いているとジュウイチの声が聞こえてきた、直ぐに森の奥に入り声のする辺りを双眼鏡で探す、大きな声が直ぐ近くに聞こえるが、目を凝らしても見つからない。声もしなくなった。「やっぱりダメか」と諦めて森を出るとまた、大きな声が聞こえてくるので再度、森に入り直してやっと見つけた。

声は聞こえてもなかなか姿が見つからないジュウイチ
Img_6633

後姿だがリラックスしていたジュウイチ
Img_6641

海に近い草地に居たアカモズ
Img_5878

少し遅いようだが渡って行ったサシバ
Img_6458

羽が抜けているやぶれ傘のハチクマも渡って行った
Img_6557

| | コメント (8)

2007年5月26日 (土)

5月の遠出 2

二日目、天気は良く昨日の荒れた海がウソのように穏やかになっていた。
朝食前の一回り、目立って新しい鳥は入ってきてないが、コサメビタキやムシクイが増えてきた、話に聞いていたオオチュウは抜けてしまったようだ。朝一番でヒメイソヒヨが見られたが電線どまりで遠い。

早朝で色が出なくて、空抜け電線の証拠写真 ヒメイソヒヨ
Img_5961_1

暗いヤブの中が好きなシマゴマ
Img_5727

何羽も入っていたハチジョウツグミ
Img_5967

この時期は数が少なくなっているキビタキ
Img_5825

まだ、残っていたオオルリ
Img_5847

数日前から入っているヤマショウビンをまだ見ていなかったが、午後になって仲間のTさんが「夕方餌さ採りに海岸の岩場に来るよ」と予測して待っていたら、見事的中!ヤマショウビンがやってきた、お蔭で全員でゆっくりカニを捕る姿を写すことが出来た。

海岸の岩場に餌さを捕りに来たヤマショウビン
Img_6317_2

カニを捕って近くの岩にとまったヤマショウビン
Img_6358

ペアでディスプレイ?を始めたイソヒヨドリ
Img_6492

| | コメント (12)

2007年5月25日 (金)

5月の遠出 

5月19日~23日
毎年恒例になっている5月の遠出、鳥仲間と5人で出かける。
初日、島への船は大揺れ、多くの人が青い顔でダウンしていた。
着くと、数日前から沢山の鳥が入っていると先着の知人に聞く、早速カメラをセットして鳥見に出かけるが、何処から回ろうかと迷ってしまう。先ず、下面の黄色が鮮やかなマミジロキビタキが近くでポーズをとってくれた。それから此処でもたまにしか入らないというクロウタドリがシロツメクサの花咲く草地に降りていた。その近くにオジロビタキの♂も居た。海沿いの池には夏羽のシマアジが1羽浮かんでいる。
他にもヒメイソヒヨやブッポウソウ、コウライウグイスなど憧れの鳥が多数入っていた、写真を撮れた順に載せていきます。

下面の鮮やかな黄色が目立つマミジロキビタキ
Img_5839

近くでいろいろのポーズをとってくれたマミジロキビタキ
Img_5529

シロツメクサの中で黒い身体に黄色い嘴のクロウタドリ
Img_6482

小さい身体に喉のオレンジ色が目立つオジロビタキ♂
Img_6006

草地にイカルと一緒に居たコイカル
Img_5754

地味な姿で岩場に溶け込んでいるヒメコウテンシ
Img_6093

小さな池に1羽だけで休んでいたシマアジ
Img_5777

| | コメント (12)

2007年5月19日 (土)

今週の田んぼ

5月も半ばになり、森は静かになったが、田んぼにはまだ、ムナグロの群れが居る、その中を良く見ると種類の違うシギチが入っていることがある。
今週も、タカブシギが10数羽とキアシシギが12羽とまとまって見られた。また、田植え直後の小さな稲の中をなが~い足で大股に歩き回るセイタカシギの姿も見られた。

細くなが~い足で優雅に歩きまわるセイタカシギ
Img_5423

離れたところに、もう1羽居たが、遠すぎたセイタカシギ
Img_5427

ムナグロの群れと一緒に12羽が休んでいたキアシシギ
Img_5456

一ヶ所にまとまって十数羽が居たタカブシギ
Img_4855

休耕田が少なくなり、居場所が余り無いタマシギ
Img_5046

| | コメント (8)

2007年5月15日 (火)

今年も出たヤマショウビン

ヤマショウビンが近くに出て居ると連絡を貰い駆けつける。
着いて暫らくすると、木の茂みから飛んで来て綺麗な姿を見せてくれた。枝に暫らくとまっていたが、急に水に飛び込み、大きなカエルを捕まえて食べた。満腹になり、木の茂みに入って見えなくなったが、暫らくするとまた、出てきてを繰り返していた。
昨年は谷津干潟で出たし、2年続けて近場で艶やかな姿を見ることが出来て嬉しい一日となった。

いつ見ても綺麗で飽きることのないヤマショウビン
Img_5330

大きなカエルを捕まえたヤマショウビン
Img_5320

赤い嘴と青い背中が美しいヤマショウビン
Img_5364

赤い大きな嘴が目立つヤマショウビン
Img_5357_1

| | コメント (14)

2007年5月13日 (日)

楽しめたMFの田圃

昨日、森は久振りにクロツグミやコルリが入って賑やかだったが、今日も居るか、もう、抜けてしまったのではと思いは半々で行ってみると、案の定静かで、キビタキとムシクイぐらいしか居なかった。
それでは田んぼへ行ってみようと鳥仲間のTさんとKさんの3人で向かう、途中で早起きのKさんから、ソリハシシギとトウネンが居ると連絡を貰い、そちらに行ってみるとすでに飛んだ後だったが、近くのたんぼを探すと、ムナグロの群れの中にソリハシシギ1、トウネン2、ヒバリシギ1、キアシシギ1、タカブシギ4羽が一枚の田で一緒に採餌していた。
最近のMFの田んぼでは、春の渡りのシギチが数は少ないが6種類も一度に見られることは余り無かったので、久々に気分の良い一日でした。

この田圃では少ないソリハシシギ
Img_4763

飛んで隣の田に移ったソリハシシギ
Img_4689_1

トウネンを撮っていたら隣に居たヒバリシギ
Img_4780

夏羽のトウネン
Img_4717

散らばって一緒には撮り難いソリハシ、キアシ、タカブシギの居る田
Img_4802_1

周りが田圃の畑でキジのディスプレイを見ることが出来た。♂が♀を追いかけ、盛んにアピールしていたが、♀は無視して泥浴びを始め、♂は諦めて何処かへ行ってしまった。

尾羽を広げて、身体を膨らませ♀の気を引くように回りを歩くキジの♂
Img_4538

ピッタリくっついて歩くキジのペア
Img_4570

♂の努力も空しく、泥浴びを始めたキジの♀
Img_4601

| | コメント (14)

2007年5月10日 (木)

5月の田圃(ツルシギ他)

MFの森はもう、渡りの鳥はお終いのようだ。時たまツツドリの声が聞こえる程度でGWの喧騒が懐かしく思われるほど静かになった。

夏羽のエリマキシギでも居ないかと出かけた千葉県の田圃でムナグロとタシギを見ていたら、近くで「コーコー」と声がする。周辺を良く探したら、休耕田の畦の草の中にタマシギの姿を見つけた。暫らく観察してたが、変化がないので、移動しょうと思って隣の田圃の奥の方を見たら、あれっ、1羽のタマシギが餌さを獲りながら歩いている。少し離れた所からも声が聞こえたし、この休耕田の周辺にはタシギやタマシギがかなり居るようだ。このまま、環境が変わらなければ、今後が楽しみな所だ。

畦の草むらに隠れていたタマシギ
Img_4372

稲を植えたばかりの田圃で餌さ獲り、タマシギ
Img_4389

田圃に沢山降りて居たキョウジョシギ
Img_3547

小群で飛び回るアオアシシギ
Img_4285_1

真っ黒なツルシギがまだ居ると聞いていたが、すでに旅立ってしまったかも知れない、少し遅いかなと思いながら、行ってみた。現地ではかなり水が深いハス田に7羽のツルシギとタカブシギが居た。殆ど夏羽の黒いのや、まだ換羽中の個体が夢中で餌さを獲っている。誰も居なかったので、じっとしていたら、かなり近く迄近づいてきた。

かなり深く胸まで浸かって餌さを獲っていた夏羽のツルシギ
Img_4216

まだ、夏羽に換羽中のツルシギ
Img_4258

黒い身体と翼の白い下面がよく目立つ夏羽のツルシギ
Img_4150

| | コメント (13)

2007年5月 7日 (月)

今日のMF

昨日からの雨が上がったので、サンコウチョウでも入っていないかと期待をしてMFに出かけた。
森に入ると鳥の声は余り無く、僅かに奥の方でキビタキが鳴いていた。他はクロジがまだ居て、コジュケイが出てきて、遠くでキジの声がする。
もう、渡りのピークは過ぎたのだろうか、これからもう、一回ぐらい山があるのだろうか。
ほとんど田植えが済んだ田圃ではチュウシャクシギが3羽とオオヨシキリの声が派手になり、チュウサギ、コサギ、バンやクイナが歩いていたが、今年はまだ、カッコーの声を聞いていない。

渡り途中かこの地で越冬した個体なのか、クロジ♂
Img_3166

続いて♀も出てきたクロジ
Img_3808

良いところに出てこないで、頭だけ見せたコジュケイ
Img_3194

いつもの葦原と違う、土手の草の中で餌獲り オオヨシキリ
Img_3816

今日も3羽居たチュウシャクシギ
Img_3957

畦で佇むチュウシャクシギ
Img_3942

大きなカエルを捕まえたチュウサギ
Img_3049

| | コメント (8)

2007年5月 4日 (金)

GW後半

晴天が続く連休後半、
MFは駐車場に着いたら、もう、場所取りのイスが数箇所に置いてあった。GWを遠くに行かずに、近場で過ごそうという人達で一杯だ。
今日は森に入るとまずキビタキの声が迎えてくれた。数箇所で聞こえ、オオルリも鳴いていた。他はエゾビタキやセンダイムシクイで、まだシメやカケスも居るが、さすがにアオジは殆ど見られなくなった。
なお、見られなかったが、サンコウチョウの♀も居たそうです。

今朝、最初に見たキビタキ
Img_3633_1

時間が早かったので、春のシギチを見に谷津干潟へ行ってみた。シギチはだいたい揃っているとのことだったが、行った時間によるのか種類も数も少ないように感じた。

夏羽のオバシギ
Img_3404

舞い降りたチュウシャクシギ
Img_3394

チュウシャクシギとオバシギ他
Img_3429

杭の場所取りで争うキョウジョシギ
Img_3337

タッチの差で京女の勝ち!ハマシギとキョウジョシギの場所取り
Img_3297

田圃で羽繕いをしていたタシギ
Img_3627

遠くを飛んでいたジシギ
Img_2413

| | コメント (10)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »