« 山の鳥2種 | トップページ | 都会に来た鳥たち »

2006年12月21日 (木)

初冬の海辺

今年もあと10日余り、この冬は暖冬という予報だ。
数日前、久し振りに冬の海に行ってみた。12月といっても思ったほど寒くはなく、海からの風が多少冷たく感じる程度だった。
普段は遠くに居るクロガモの群れが岸壁の近くに浮かんでいた。小さな波は波乗りのように乗り越えプカプカ浮かんでいるが、少し大きな白波が来るとその直前に波に向かって潜り、反対側に出る、その動作を見ていると面白い。

岸壁の近くで泳いでいたクロガモ
Img_6621

仲良く並んで泳ぐクロガモ♂♀
Img_6627

波の間を巧みに泳ぎプカプカ浮かんでいたクロガモ
Img_6619

海上を移動するスズガモの群れ
Img_7140_1

遠くの方を大きな魚を掴んで飛んでいたミサゴ
Img_7080_1

12月2日の産経新聞より。

環境省の鳥類標識調査をしている「山陰バーダーの会」(鳥取県米子市)は12月1日、キビタキの亜種「キムネビタキ」1羽を松江市美穂関町で捕獲したと発表した。
同会によると、日本で確認したのは初めて。体長12.8センチ、体重12.6グラム。春の渡り鳥調査をした5月に捕獲、標識を付けて放した。
キムネビタキは渡り鳥で、中国の山岳地帯の一部で繁殖、タイやマレー半島で越冬するとされるが、ごく少数しか確認されておらず生態はほとんど分かっていない。
Email0001

|

« 山の鳥2種 | トップページ | 都会に来た鳥たち »

コメント

ロビンさん こんばんは、
ロビンさんの所からでは遠征しないと海鳥には会えませんね。
でも山の鳥が沢山居るようだし、良いフィールドだと思います。

投稿: moto8 | 2006年12月23日 (土) 21時52分

ジダンさん こんばんは、
クロガモは岸壁から近かったです。
「キムネビタキ」本当に会っても普通のキビタキのメスと
区別がつきませんよね。

投稿: moto8 | 2006年12月23日 (土) 21時46分

クロガモ、海に行かなければ逢えない野鳥ですね。
海無し県に住んでいるもので、羨ましい~

投稿: ロビン | 2006年12月23日 (土) 19時26分

波が結構高そうなのにクロガモ、バッチリ撮れてますね、流石です。
そういえば大阪に引っ越してからクロガモ見てないです。
キビタキもいろんな亜種があるんですね。キムネビタキなんて初めて聞きました。もしフィールドで見つけても自分だったら疑いもなくキビメスで片付けてると思います。

投稿: ジダン | 2006年12月23日 (土) 13時08分

mtana2さん こんにちは、
ミサゴの掴んでいる魚は何でしょうね、
かなり大きいし、岸近くでは、よくボラを見ますが、
しかし、ミサゴは大きな魚を獲りますね。

投稿: moto8 | 2006年12月22日 (金) 16時55分

クロガモが近くで撮れたとは羨ましいです。
ミサゴに捕えられた魚、大物ですが何なのでしょうね。

投稿: mtana2 | 2006年12月22日 (金) 12時15分

chochoensisさん こんばんは、
良い結果が出ましたね!
また、仲間とワイワイ言いながら一緒に出掛けられそうですね。
今年はノロウイルスとか他にも難しい名前の肺炎がはやっているそうです。
お互いに気をつけましょう。

投稿: moto8 | 2006年12月21日 (木) 22時45分

moto8さん、「クロガモ」雄雌、綺麗に撮影されていて素晴らしい写真ですね!!!こんな場面に会ってみたいです・・・。先日、主治医の判断が出て、絶海の孤島でなければ、少し動いてよいと言われました・・・日本海の島には行けそうもありませんが、少しずつ出掛けて見たいような気がします・・・。寒さに気をつけてポチポチ・・・。
「キムネビタキ」、凄い野鳥が居るものですね・・・近間の野鳥については、また、その内にご連絡させてください・・・。

投稿: chochoensis | 2006年12月21日 (木) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山の鳥2種 | トップページ | 都会に来た鳥たち »