« 残暑御見舞い申し上げます | トップページ | 海辺のシギチたち(ミヤコドリ編) »

2006年8月25日 (金)

増えてきたシギチ

今年は近場の田んぼになかなかシギチが入らない。余り期待出来そうに無いので、また少し遠くへ出かけてみた。
ここも水の入っている田んぼは限られている、種類は少ないが前回より数は増えてきたようだ。タカブシギ、アオアシシギ、コアオアシシギ、キアシシギ、エリマキシギ、ウズラシギとセイタカシギが長い足で優雅に水の中を歩いていた。

今季やっと見られたエリマキシギ
Img_5720_1

一度夏羽が見てみたい エリマキシギ
Img_5592

なかなか近くに来てくれないウズラシギ
Img_5681

定番のアオアシシギ
Img_5530

長い足で深いところも平気 セイタカシギ
Img_5503

数百羽の群れが畑や電線にとまっていた渡り途中のショウドウツバメ
Img_5806

|

« 残暑御見舞い申し上げます | トップページ | 海辺のシギチたち(ミヤコドリ編) »

コメント

chochoensisさん こんにちは、
エリマキシギのたてがみのような夏羽、見たいですね!
繁殖地へ行かないとダメでしょうね。
私の見たのは半分ぐらいのタテガミでした。

投稿: moto8 | 2006年8月27日 (日) 15時03分

moto8さん、遠征だったのですね・・・「エリマキシギ」夏羽といえば、moto8さんのことを思い出します・・・あの頃は、まだバードウオッチングを始めたばかりでした・・・。「ショウドウツバメ」きれいに撮影できていて、素晴らしいですねこんな写真を撮ってみたいです。

投稿: chochoensis | 2006年8月27日 (日) 06時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 残暑御見舞い申し上げます | トップページ | 海辺のシギチたち(ミヤコドリ編) »