« 北海道鳥見旅 その3 | トップページ | 無事に育った子供達 »

2006年7月 5日 (水)

北海道鳥見旅 その4

26日
今日も快晴、昨日から素晴らしい天気が続く、登らないてはないと一番のロープウエイに乗る。
再び近くに来たギンザンマシコを撮り、夫婦池から姿見の池周辺を回る。500ミリのレンズを担いで登ると息切れがする、体力の無さを痛感するが、赤い喉のノゴマやカヤクグリが大きな声でさえずり、エゾノユキウサギがハイマツの下で休んで居たりする。

数も多く、一番大きな声で賑やかに囀っていたノゴマ
Img_0997

亜高山帯で繁殖するカヤクグリ
Img_1036

ハイマツの下で寛ぐ夏毛のエゾユキウサギ (黒い耳が特徴らしい)
Img_1051

可愛いピンクのエゾノツガザクラ
Img_1011

充分に雄大な旭岳の自然を堪能して、午前中で下山した。
この後、知床方面に行こうと思っていたが、旭岳で少し時間をとり過ぎたので、またの機会にして良い湯だと聞いていた芽登で温泉に入って苫小牧方面に向かう。

駐車場の周りで早朝から囀っていたベニマシコ
Img_0896

27日、は途中鵡川の河口に寄ってみた。冬は猛禽や海鳥類、春秋の渡り時期はシギチで賑やかな所らしいが、今の時期は周辺の草原でチュウヒが飛んだりコヨシキリやノビタキ、オオジュリン、ヒバリが賑やかに囀っていた。また、河口近くの川にオオハクチョウが一羽泳いでいた。
後は無料の高速で苫小牧に着き夕方の便で帰路に着いた。

鵡川の河口近くにいたオオハクチョウ
Img_1341

将来のオグリキャップになれるか 葦毛の若駒
Img_1280

今回はフクロウやコアカゲラ、チゴハヤブサそしてギンザンマシコも近くで撮れたし、なによりも時間に余裕を持って行動したので充分に楽しむことが出来た一人旅でした。

|

« 北海道鳥見旅 その3 | トップページ | 無事に育った子供達 »

コメント

birdland7さん ありがとうございます。
この時期はわりと近くで鳥を見ることができます。
今回は回りませんでしたが、人気のある道東のシマアオジなどは少なくなっているようです。

投稿: moto8 | 2006年7月10日 (月) 07時09分

moto8さんこんにちは。
北海道を十分堪能されてきた様子、画像から良く分かります。
それにしても、ギンザンマシコ、チゴハヤブサ、エゾフクロウ、ノゴマ等々羨ましい限りです。
この時期の北海道の鳥見はあまり経験したことがないので、moto8さんのアップされた画像で楽しむことが出来ました。
ありがとうございます。

投稿: birdland7 | 2006年7月 9日 (日) 22時12分

mimizukuさん ありがとうございます。
今回は余り欲張らず、道央を中心にコンパクトに回りました。
一人旅は行動が自由で現地でいろんな人と会い、行く度に新発見があり楽しかったです。

投稿: moto8 | 2006年7月 7日 (金) 18時54分

フクロウ、チゴハヤブサに続いてギンザンマシコにノゴマそしてエゾユキウサギと豪華絢爛ですね。圧倒されました。すごいものを見せていただきありがとうございます。でも一人旅ではもったいないですね。

投稿: mimizuku | 2006年7月 7日 (金) 17時21分

chochoensisさん おはようございます。
エゾナキウサギも撮りたいんですが、今回は会えませんでした。他にも四足動物は興味があるので機会があれば撮りたいです。

投稿: moto8 | 2006年7月 7日 (金) 06時10分

「エゾユキウサギ」の耳、黒いと言う説明で写真を見直すと、なるほど納得・・・それにしても円らな瞳がとても綺麗ですね。可愛らしいこういう動物まで観察できて素晴らしいです。

投稿: chochoensis | 2006年7月 7日 (金) 05時37分

mtana2さん ありがとうございます。
芽登は淡い期待だけで、急に行っただけです。
ウトロも行きたかったんですが、27日の船に乗りたかったので、一日で苫小牧まではきついかなとパスしました。

投稿: moto8 | 2006年7月 5日 (水) 22時34分

エゾユキウサギ、よく見つけましたね。
旭岳から芽登ではかなり走るようですね。
大物狙いでしたか?

時間的に余裕があったとのこと、満足な旅で良かったですね。

投稿: mtana2 | 2006年7月 5日 (水) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北海道鳥見旅 その3 | トップページ | 無事に育った子供達 »