« 今週の鳥 | トップページ | 今季初めてのトラツグミ »

2006年3月 8日 (水)

元気なシジュウカラガンに再会

4月頃の暖かな陽気になった一日。

昨日秋が瀬にレンジャクが3羽入ったと聞き、今日は複数見られると期待をして出かけた。

咲いていたサクラ一輪
img_0378

着くと10人ほどの人がヤドリギの下に居たが、だべっているだけで緊張感が無い、まだ出ていないという。先に来ていたKさんやNさんとしゃべりながらしばらく待ったがヤドリギには来なかった。昨日は数日見られなかったのでギャラリーも3、4人しか居なかったという。
あきらめて大久保農耕地へ行ってみた。電柱にチョウゲンボウ、上空にはオオタカが飛翔、アシ焼きの跡の黒い田んぼにはツグミやカシラダカ、タヒバリが沢山降りていた。

赤い75のリングが重そうなシジュウカラガン
img_0502

彩湖を通って帰る途中、今日もこれといった収穫が無いなと思いながら鴨川に架かる昭和水門の下の干潟を覗いてみた。

後ろのマガモと行動を共にするシジュウカラガン
img_0407

カモが何時もより多いなと見て行くと、コガモの群れとマガモが少々の中に「あれっ、シジュウカラガンが居る!」。

来年も来てくれるかなシジュウカラガン
img_0509

2月に入ってから姿が見られなかったので、もう居なくなったのかと思っていたが、彩湖や荒川周辺で元気に越冬していたのだ。再び見られて嬉しかった。もう暫らくすると北へ帰って行くだろう。

コガモのペアとシジュウカラガン
img_0525

参考資料
昨年の7月2日にロシアで生まれ、8月19日に北部千島列島のエカルマ島で放鳥されたシジュウカラガンです。

秋が瀬ヒレンジャク情報
3月9日、16羽
3月10日、1羽 とのことです。

|

« 今週の鳥 | トップページ | 今季初めてのトラツグミ »

コメント

mtana2さん ありがとうございます。
大きな干潟が出来ていて、何時もよりコガモが沢山いました。
今頃のカモはペアを組んでるのが多いですが、シジュウカラガンは一羽じゃ無理ですね。

投稿: moto8 | 2006年3月10日 (金) 19時38分

こんばんは。
サクラ一輪、きれいに撮れていますね。
シジュウカラガン、滞在していたのですね。
一昨日、武蔵野線車内から見たらカモが結構浮かんでいたので、気になっていましたが、その中にいたのでしょうね。

投稿: mtana2 | 2006年3月10日 (金) 19時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98788/9005115

この記事へのトラックバック一覧です: 元気なシジュウカラガンに再会:

« 今週の鳥 | トップページ | 今季初めてのトラツグミ »