« 近くて嬉しいコスズガモ | トップページ | 綺麗なチョウゲンボウ♂ »

2006年1月10日 (火)

何処から来たの?シジュウカラガン

1月9日
今日は雲が多かったが、風も殆んど無く、日が差しているときはそれほど寒くは感じなかった。

昨日は出先でシジュウカラガンが居るとNさんから電話を貰い、急遽現場に急行したが着いたのは3時過ぎだった。早速双眼鏡を出して探すと川岸の狭い干潟のような所でマガモやハシビロガモと一緒に寝ていた。

枯れた草や小魚も食べていたシジュウカラガン
img_5632

ときどき顔を上げるが直ぐに寝てしまうので良く観察が出来ない。そのうちに他のカモが泳ぎはじめたら後をついて水に入った。足には赤い大きなリングが付いていて75の数字がハッキリと読み取れる、足は右も左もリングが付いていて重そう!昨日は水に入っていると左に傾いているし、泳ぎも滑らかに進まずぎこちなかった。

赤いリングが目立つシジュウカラガン
img_5613

今朝もシジュウカラガンの現場へ行ってみたら、昨日と同じ場所に居た。今日は昨日ほど泳ぎに違和感はなかった。何処から来たのだろう?
鳥友達のSさんがいろいろ調べてくれて、千葉の鳥博物館に聞いたところ、赤いリングからロシアで放鳥された個体ではないかとの事でした。

何時もカモと一緒のシジュウカラガン
img_5560

他に朝はミコアイサの♂♀やハジロカイツブリが同じ所で見られた。

ミコアイサのペア
img_5593

それから近くにムナグロが居るというので行ってみたら。越冬個体が2羽草地で餌さを採っていた。沢山居る時は「なんだ、ムナグロか!」で終わってしまうが、冬は数も少ないので珍しい。

越冬中のムナグロ
img_5650

帰りにグラウンドでイカルチドリが12羽掘り起こしたような土塊の上に集まっていた。

土くれの上のimg_5702 イカルチドリ

今日は近場で結構楽しめた一日でした。

|

« 近くて嬉しいコスズガモ | トップページ | 綺麗なチョウゲンボウ♂ »

コメント

mtana2さん こんにちは、
シジュウカラガン足を傷めているのか、リングが重いのか、少し動きがおかしかったです。
今年の越冬ムナグロは少ないですね。

投稿: moto8 | 2006年1月10日 (火) 10時19分

シジュウカラガン、昨日は普通の動きに見えましたが、どこか傷んでいるのでしょうか。
暫く、居てくれるとよいですね。
この時期のムナグロはより一層可愛く、健気に見えますね。

投稿: mtana2 | 2006年1月10日 (火) 09時23分

chochoensisさん おはようございます。
シジュウカラガンたぶん彩湖では初記録と思いますが、両足にリングが付いていて可愛そうな気もします。
確かに日本海側や東北の雪は凄いですね。

投稿: moto8 | 2006年1月10日 (火) 09時04分

moto8さん、シジュウカラガンにミコアイサですか!珍しいですね!テレビでやっていましたが、今年の雪と寒さの影響で餌が摂れなくなって南にさがっているとか言ってました・・・凄く綺麗に撮影されていますね。ビックリでした・・・。

投稿: chochoensis | 2006年1月10日 (火) 08時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98788/8090020

この記事へのトラックバック一覧です: 何処から来たの?シジュウカラガン:

« 近くて嬉しいコスズガモ | トップページ | 綺麗なチョウゲンボウ♂ »