« アシ原の狩人たち | トップページ | オジロビタキのハシゴ »

2005年12月25日 (日)

北からやって来た海鳥

明け方はかなり冷え込んだが今日も晴れ。
先週はクリスマス週間だったので出られず、一週間ぶりの鳥見となった。ハシブトウミガラスが来ていると聞き、数年前に釧路航路で飛んでいるのを見たことがあるが遠くてウミガラスとの識別が出来なかったことを思い出した、漁港に入っていればわりと近くでしっかりと見られると思い出かけてみた。

北からの珍客 ハシブトウミガラス
img_4738

情報では見られる日と見られない日があるらしいという事だがそこは運しだいと思い朝早めに出かけたが、途中東名高速は事故渋滞で予定より大幅に遅れて現地着。今度は一応場所は聞いていたがポイントがよく分からない。居そうな漁港を見て回り、ウミスズメも何も居ないので以前にケイマフリやマダラウミスズメが出たあたりを探していたら地元のバーダーの方と会い教えて貰った。
行ってみると漁港の堤防のはるか先に白と黒の地味な鳥が浮かんでいた。暫らく待ったが近くに来そうもないので反対側に周って待っているとだんだん寄ってきてかなり近く迄来てくれた。餌さ採りに潜ると相当長い時間出てこない。船と生け簀の間を行ったり来たりして今日は昼過ぎまでその辺りを泳いでいた。

ハシブトウミガラス
img_4732

ギャラリーはもっと居るかと思っていたが意外と少ない、この鳥は関東近辺ではめったに見られないのに地味なので人気が無いのかも。地元の人が5,6人と関東方面の人は3人だけだった。

はばたくハシブトウミガラス(意外と太ってる)
img_4659

そのあと現地で会った「Birding Note」のNさんと浮島にマガンが居ると聞き向かう。今季はまだ見ていなかった。ここも久し振りの訪問だ。土手に上がって見るとマガンは川の中に2羽居た。余り警戒心の無い個体だった。他にはイソシギやクサシギ、コガモ、オナガガモ、それとハイタカも飛んでいたらしい。広い農耕地には何時きてもケリが多く見られる。今日は見られなかったがコチョウゲンなど猛禽類も多い。

見難いがカエルを捕まえたケリ
img_4816

土手で草を食むマガン
img_4782

すぐ側で見下ろしている富士山は雪が少なくまるで夏山のようだった。

それにしても高速道路は行きも帰りも渋滞で疲れた~。

|

« アシ原の狩人たち | トップページ | オジロビタキのハシゴ »

コメント

mtana2さん こんにちは、
前日は午後10時まで頑張って、25日はすっ飛びました。
関東では稀ですが冬の北海道の沿岸ではよく見られるようですから1月に見られるかも知れませんよ!

投稿: moto8 | 2005年12月27日 (火) 11時57分

moto8さん、おはようございます。
しばらくお会いしませんね。
仕事に集中していたと思ったら、復帰していきなり珍鳥ですね。畏れ入谷の鬼子母神です。
行きたいところですが、バイト続きだし、渋滞と聞いてはね。

投稿: mtana2 | 2005年12月27日 (火) 08時59分

chochoensisさん ありがとうございます。
今までは航路で遠いのしか見てなかったのでこんなに近くで見たのは初めてです。ウミガラスとの違いがハッキリわかりました。
今年のクリスマスプレゼントですね!

投稿: moto8 | 2005年12月26日 (月) 08時05分

moto8さん、おはようございます。
うーん!凄い!「ハシブトウミガラス」綺麗ですね、上嘴のところの白線がハッキリ見えて、図鑑に掲載するような見事な写真ですね。おめでとうございます。遠くて大変だったでしょう、お疲れ様でした。

投稿: chochoensis | 2005年12月26日 (月) 07時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98788/7825521

この記事へのトラックバック一覧です: 北からやって来た海鳥:

« アシ原の狩人たち | トップページ | オジロビタキのハシゴ »