« 冬の赤い鳥ベニマシコ | トップページ | 北からやって来た海鳥 »

2005年12月17日 (土)

アシ原の狩人たち

12月16日
荒川の上流域に行ってみた。ここはノスリやチョウゲンボウがよく見られる。双眼鏡で探していると、遠くの枯れ木にとまっている小型の猛禽の姿が見えた。コチョウゲンボウのようだ、車でそっと近寄り撮影した。♀だ、顔は可愛いが狩りは物凄く上手く葦原や田んぼの名ハンターだ。写真を撮っている間にいろいろなポーズをしてくれた。

尾羽ねを広げたコチョウゲンボウ
img_4297

伸びをしたコチョウゲンボウ
img_4303

止まり木から飛び出すコチョウゲンボウ
img_4343

その後しばらくしてコミミズクが飛んだ、畑に降りたが再び餌さのネズミを掴んだまま飛んだ、見ていると空中でも餌さを食べていた。それから遠くの草地に降りた。
コミミズクは愛嬌のある顔とわりと明るいうちから飛んでくれるのでカメラマンやバーダーに人気がある。数年前には数羽の個体が越冬していたコミミの好む河川敷の葦原や草地などが最近は整備されグラウンドやゴルフ場になったりして、見られる場所が少なくなって来ている。

草地に降りたコミミズク
img_4384

もしも越冬しに来ている場所があったら大事に見守ってやりたいものだ。

|

« 冬の赤い鳥ベニマシコ | トップページ | 北からやって来た海鳥 »

コメント

chochoensisさん こんにちは、
いつもありがとうございます。
今年の冬は小鳥が少なめですが猛禽は種類が揃って居るので楽しいです。
例年より寒さが厳しいようなので身体に気をつけて下さい。

投稿: moto8 | 2005年12月19日 (月) 10時57分

moto8さん、おはようございます。
「コチョウゲンボウ」の尾羽を広げたポーズ素敵です・・・「コミミズク」もしっかり撮影されていますね、流石moto8さんです。
いざ、コミミを撮ろうとしても、私にはなかなか環境がうまく入らなくて、悩んだりしています。
草地の感じが上手く出ていますね・・・。

投稿: chochoensis | 2005年12月19日 (月) 09時47分

birdland7さん ありがとうございます。
何時もはチャンスをなかなか物にできないことが多いのですが、
今回はたまたま良い場面に出会う事が出来ました。
コチョウゲンボウとコミミズクに感謝です。

投稿: moto8 | 2005年12月18日 (日) 21時44分

moto8さん今晩は。
コチョウゲンボウの様々なポーズ、絶妙のタイミングで上手に撮られて凄いですね!
見とれてしまいました。
コミミズクも、いかにも猛禽という顔で可愛いけれどちょっと怖く鋭い目ですね。
moto8さんのように素晴らしい写真を撮れる様にがんばらなくちゃ!

投稿: birdland7 | 2005年12月18日 (日) 20時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98788/7670058

この記事へのトラックバック一覧です: アシ原の狩人たち:

« 冬の赤い鳥ベニマシコ | トップページ | 北からやって来た海鳥 »