« ハイタカが飛ぶ冬の空 | トップページ | 冬の赤い鳥ベニマシコ »

2005年12月14日 (水)

増えてきた冬鳥

真冬並みに冷え込んだ朝、

駐車場に着いたら野鳥クラブの仲間が3人居たが車のことで一生懸命だったので失礼して一人で森に向かう。

数が増えてきたツグミ
img_3927 埼玉は東京より少し温度が低いようだ。着いたのは余り早くないのに秋が瀬の草地は霜が降りて白くなっている、霜柱の上を歩くと「ザクザク」と音をたてて心地良い。

子供の森の草地でふと足もとを見ると鳥の羽が散らばっている。よく見ると、どうやらヤマシギの羽のようだ、尾羽や風切羽と白い体羽があちらこちらにある。たぶんオオタカの仕業だろう。いつも足もとから急に飛び出してビックリさせてくれるが、しっかり見られる機会の少ないヤマシギが犠牲になってしまった。自然界の厳しさをつくづく感じさせられた。

オオタカにやられたヤマシギの羽(大きいのを集めた)
img_3629

今日は普段余り行かない子供の森とピクニックの間にある森に行ってみた。枯れ葉の絨毯の中を歩く。変わったのは居ないが冬鳥の定番のツグミとシメの群れが高いところの木の実を食べに来ていた。ようやく数が増えてきたようだ。カシラダカも小さい群れが田んぼから林縁の木にパラパラと飛び移った。その後シロハラはアカハラはいないかと探したが声は聞こえ姿も見られたが撮影出来る場所には来なかった。

木の実を食べに来たツグミ
img_3963

カシラダカの群れも居た。
img_3921

今季はまだベニマシコを撮ってないので帰りに彩湖に寄ってみたが声はすれども姿は見えずでタイムアップとなってしまった。他にはヨシガモは数が減り♂3、♀3、ハジロカイツブリが2羽、カンムリカイツブリとオオバン多数、餌さをあげるのでユリカモメが増えてきた。

ハジロカイツブリ
img_3993

|

« ハイタカが飛ぶ冬の空 | トップページ | 冬の赤い鳥ベニマシコ »

コメント

chochoensisさん こんばんは、
やっとツグミなどが少し増えてきましたがまだまだ少ないです。上を見ても鳥が居ないので下を見て歩いてたら「ヤマシギ」の羽をみつけました。オオタカも選んで欲しいものですね。

投稿: moto8 | 2005年12月15日 (木) 17時33分

moto8さん、おはようございます。随分、冬鳥が増えてきたのですね、朝晩がグッと寒くなったので、そのせいでしょうか・・・私は、これだけ寒いととても外に出られません・・・早く、気温が上がることを願っています・・・。
でも、珍しいのが居たら「厚着」していきますので、その時は、宜しくね!
ところで、「ヤマシギ」・・・絶句です・・・。

投稿: chochoensis | 2005年12月15日 (木) 10時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98788/7617510

この記事へのトラックバック一覧です: 増えてきた冬鳥:

« ハイタカが飛ぶ冬の空 | トップページ | 冬の赤い鳥ベニマシコ »