« 木枯らし1号 | トップページ | 今年もハイイロチュウヒだ! »

2005年11月16日 (水)

冬の空は面白い

今朝は天気は良いがかなり冷え込んだ。

今日は午後から秋が瀬に行ってみる。ツグミやシメの声は聞こえるが姿を確認できない。時間がないのでざっと一回りして裏の田んぼに行くと鴨川沿いの背の低い枯れ木に鳥影がチラチラしている、双眼鏡で見るとジョウビタキの♂と♀だった。今年はまだ♂を撮っていなかった、そっと近づいてやっと撮れた。この鴨川は茶色い水が流れていると言うか澱んでいると言うか余り綺麗な所ではないのにカワセミがよく居るし、コガモやマガモが水草を食べにきている。

いつも綺麗な紋付を着ている ジョウビタキ
img_1721

それから彩湖に周って見た。相変わらずカモが少ない。ぶらぶら歩いて空を見ると一羽の猛禽がカラスにモビングされていた。近づいてきたのでよく見るとハイタカのようだ。猛禽が飛んでくると必ずといっていいくらいにカラスが2、3羽飛んで来て突っかかる、多いときには数十羽で一羽のタカに群がる時もある、タカも大空を悠々と飛んでいられない。
今の時期は3時を過ぎるともう日が傾いてどんどん薄暗くなってくるので引き上げる時間も早くなる。

ハイタカの姿をみつけてカラスが飛んできた。
img_1303

今日は他に余り成果も無かったのでついでに以前に撮ったものだがカラスVSノスリやオオタカVSノスリなど大空でのバトルの画像を載せてみる。

ハイイロチュウヒ♂がコミミズクに突っかかる。 撮影 2004年2月 
img_0864

隣の樹にとまっていたノスリが飛び出すとオオタカが追いかけて蹴りを入れている。 撮影 2004年12月
img_3710

カラスにモビングされ反撃するノスリ  撮影 2005年11月
img_1654

カラスに追われるチョウゲンボウ  撮影 2004年12月
img_3725

これからの季節は空を見ていると猛禽のバトルをよく目にするで面白い。

|

« 木枯らし1号 | トップページ | 今年もハイイロチュウヒだ! »

コメント

chochoensisさん ありがとうございます。
猛禽はカラスに追われることが多いですが猛禽と猛禽の争いもたまに見られます。猛禽に限らずもっといろんな種類のバトルも撮ってみたいです。

投稿: moto8 | 2005年11月17日 (木) 16時26分

moto8さん、おはようございます。ジョウビタキ♂がやってきたのですね・・・。
今日の、空中バトル、凄いですね。
ハイイロチュウヒ雄がコミミに突っかかっているところとか、オオタカがノスリに蹴りを入れているところなんか絶対珍しいし、誰も撮影出来ませんよ!!!

投稿: chochoensis | 2005年11月17日 (木) 12時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98788/7143682

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の空は面白い:

« 木枯らし1号 | トップページ | 今年もハイイロチュウヒだ! »