« 涼しさを求めて | トップページ | ツバメチドリ »

2005年8月21日 (日)

今日の南古谷

熱帯夜が明けると空は抜けるような青空。
寝不足の目を無理に開いて数日前からエリマキシギとヒバリシギが入っているという田んぼへ向かう。
久し振りに田んぼはウオッチャーやカメラマンでにぎわっていた。今まではグルっと周っても一人か二人にしか会わなかったのにやっとシギチシーズンがやって来たと言う感じがする。
空にはムナグロの群れが降りる所を探して飛び回っている。今年は安心して降りられる場所が少ないようだ。

ムナグロ
img_6479

エリマキが居るという休耕田の前には20人ほどの人が集まっていたが、水草の背が伸びてかろうじて頭と背中がチラチラ見え隠れしている程度でとても写真にはならない。しかたがないので他にもエリマキや他のシギが居るかも知れないと思い北の方を探してみることにした。いくつかの休耕田を見て行くと、居ました!水の入り具合が小型のシギに丁度よさそうなところに10数羽のコチドリと嘴が下に湾曲した一羽のシギが、サルハマシギのようだ。日本に旅鳥として渡来するがその数はそれほど多くはないという。もちろんこの田んぼでの記録も少ないと思われる。しばらくこの休耕田や近くの休耕田を飛んだり戻ってきたりしてしっかり写真を撮らしてくれた。

サルハマシギ 幼鳥
img_6539

サルハマシギの後姿 
img_6554

それから帰りにもう一度、朝エリマキシギが居た田に寄ったらエリマキがわりと近くの草の中から姿を見せてくれた。

エリマキシギ
img_6594

ヒバリシギは飛ばれてしまい見られなかったが久し振りに田んぼで鳥仲間が揃い楽しかった。

|

« 涼しさを求めて | トップページ | ツバメチドリ »

コメント

chochoensisさんコメントありがとうございます。サルハマは茨城県などでは毎年見られますが内陸の埼玉県の田んぼでは珍しいようです。他のシギチも常連がやっと入ってきました。

投稿: moto8 | 2005年8月22日 (月) 20時37分

サルハマシギ、エリマキシギ、ヒバリシギとシーズン到来ですね。
サルハマシギは幼鳥ですか・・・きれいに撮影されていますね。

投稿: chochoensis | 2005年8月22日 (月) 11時35分

mtana2さん こんにちは、
いよいよ鳥モードに変換ですね。
こちらこそよろしくおねがいします。

投稿: moto8 | 2005年8月22日 (月) 11時31分

moto8さん、今日はありがとうございました。
サルハマシギとはラッキーでしたね。
鳥見、再スタートとしては、充分楽しめました。
また、よろしくお願いします。

投稿: mtana2 | 2005年8月21日 (日) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98788/5573268

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の南古谷:

« 涼しさを求めて | トップページ | ツバメチドリ »