« 巣立ち真近 | トップページ | 小さな池に来る鳥 »

2005年7月10日 (日)

緑葉梟(アオバズク)

昨日からの激しい雨も明け方には上がり、青空が広がってきた。

朝、田んぼに行って見た、稲は大分伸びてあおさが増してきたが何時ものとうりのオオヨシキリの声とセッカ、ツバメが低く飛び、カッコウの声が聞こえる程度。畦には孵ったばかりの小さな子ガエルが沢山いる、ザリガニのチビも、電線にはスズメの一家が並んでる、地上も水の中も子供ラッシュだ。
帰ろうと思ったがまだ時間が早い、そうだ、そろそろアオバズクが見られる頃だ様子を見に行こうと思い立ち西に向かう。着くといつもの樹に一羽は地上から5、6mの所に止まっている、もう一羽はもっと高い枝の陰にいる。もうかなり前になるが初めて此処へ見に来た時にも同じ樹に止まっていた。暗い葉陰にじっとしている。ときどき目を開けて我々を見ている。昨年近くに居たツミは今年はいないようだ。
最近は近場でアオバズクの来るところが減ってきて見られる機会も少なくなってきている。
真ん丸い目を真ん丸く開けた写真を数枚撮り又来週にでも来ようと思いながらここを後にした。

img_4737_1

|

« 巣立ち真近 | トップページ | 小さな池に来る鳥 »

コメント

mtana2さん、おはようございます。

毎年同じ場所で同じ樹に同じ姿勢でとまっている姿を見るのが楽しみです。

投稿: moto8 | 2005年7月15日 (金) 08時31分

楽しみですね、これからが。
久し振りに見に行きたくなりました。

投稿: mtana2 | 2005年7月14日 (木) 22時06分

chochoensisさん、こんにちは、
最近は夏鳥の代表みたいなアオバズクや冬鳥のトラフズクなどが少なくなったと言うか・・・洞のある大きな樹もすくなくなりました。遠くまで行かないと会えなくなりましたね。

投稿: moto8 | 2005年7月11日 (月) 17時15分

アオバズクは、いつ見ても「どんぐり眼」で可愛いですね。
もう、何年になるだろうか・・・しばらく観察していない。懐かしいです・・・。

投稿: chochoensis | 2005年7月11日 (月) 16時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98788/4913422

この記事へのトラックバック一覧です: 緑葉梟(アオバズク):

« 巣立ち真近 | トップページ | 小さな池に来る鳥 »