« 森林浴 | トップページ | サンコウチョウの来る森 »

2005年5月 5日 (木)

オニアジサシ

秋が瀬から小櫃川河口

GW 3日、4日と秋が瀬を留守にしたので今日は早めに行ってみたが、静かな森だった。一回りすると若いキビタキが一羽鳴いていて周りを10人ぐらいのカメラマンが囲んでいた。

img_1191  小櫃川にオニアジサシがいるとの電話が入り秋が瀬も寂しいのでそちらに向かうことにした。

チシマシギ以来久し振りなので少し迷ってしまったが現地に11時ごろ着くと先に来ていた人たちが引き上げてくる。聞いて見ると汐が上げてきたので草地に戻ってきたらしい。オニアジは波打ち際より先の水の中に腹までつかっているが赤い大きなくちばしが良く目立つ。警戒心が強く余り近くには寄れない、時々飛んでかなり遠くへ行ってもまた戻ってくる。2月に沖縄で見て以来2回目だが関東では見られる機会が少ない鳥だ。

やはり干潟は長靴を履かないとダメだ、靴の中は砂だらけでビショビショになってしまった。

img_1280

|

« 森林浴 | トップページ | サンコウチョウの来る森 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98788/3998444

この記事へのトラックバック一覧です: オニアジサシ:

« 森林浴 | トップページ | サンコウチョウの来る森 »